デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

「Apple Event」が日本時間10月19日(火)午前2時より開催されることが発表されました。新しいMacBook Proが発表か?

News

間違いなくM1XもしくはM2搭載のMacBookProが発表されるんでしょうね。

当日はApple.com、Apple TV App、YouTubeで配信されるようです。

サラウンドなのかな?とApple TV Appでの再生を楽しみにしようと思います。

MacRumorによると下記のように書かれています。

Dylandkt氏によると、ベースとなる14インチおよび16インチのMacBook Proモデルは、16GBのRAMと512GBのストレージ容量を搭載し、現在のハイエンドモデルである13インチおよび16インチのMacBook Proのオプションに沿ったものになるとのことです。

また、以前にも述べたように、新しいMacBook Proモデルには、アップグレードされた1080pのウェブカメラが搭載され、M1Xチップは両サイズとも同じ構成で10コアのCPUを搭載すると予想されています。

Dylandkt氏は、Appleが新しい充電ブリックを提供すると主張していますが、これは次期マシンが新しいMagSafe充電ポートを搭載すると噂されているため、新しい充電器のそれに合わせて変更されるようです。

MacBook Proモデルは、以前にも聞いたことがあるように、ミニLEDディスプレイとボトムロゴのないより小さなベゼルを採用し、価格は2つの異なるサイズ間で同様になると予想されています。14インチと16インチのオプションの価格差は、現在の13インチと16インチのハイエンドMacBook Proのオプションよりも「はるかに小さい」ものになるという。
ディスプレイアナリストのロス・ヤング氏は本日未明、新しいMacBook ProモデルはミニLEDディスプレイに120Hzのリフレッシュレートを採用する可能性があると述べており、Dylandkt氏は、120Hzは今年の初めに「Macのプロトタイプでテストされていた」が、”いつ登場するかの手掛かりはない “と主張しているという。

新しい14インチと16インチのMacBook Proモデルの完全な詳細は来週の月曜日に発表される予定です。

記事検索

人気記事

Apple MusicでHi-Res(ハイレゾ)音源をどのようにして見つけるか?また、Hi-Res(ハイレゾ)音源はデータ量が多いので注意が必要。


M1 MacとAVアンプを接続して空間オーディオを楽しむ「Macでサラウンド」


iPhone 15 Pro MAXのRIMOWA(リモワ)のケースのレビュー。なぜ、そこ変えなかったんですか?


バッファローの「Wi-Fi EasyMesh™」(メッシュ)環境を3台のBuffalo AirStationで構築。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


News

DVDFab13のApple silicon版がダウンロード可能に。


FFmpegのARM(AppleSilicon)版の6(バイナリ)が配布開始されています。


Public Betaユーザー向けに「macOS 13.3 Ventura」が配布されています(アップデート注意)


Apple macOS Ventura 13.2.1を配布開始。パイオニアのBlu-ray(ブルーレイ)接続問題が解消か?


Ventura (13.1から)13.2にアップデート後、IntelMacで外付けBD Driveを認識しない問題