デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

macOS Monterey 12.2の最初のベータ版をリリース。SafariでのProMotionをサポートか?

News

AppleはmacOS 12.1の全ユーザーへのリリースからわずか数日後に、macOS Monterey 12.2の最初のベータ版をリリースしました。同社は本日のアップデートのリリースノートを提供していないが、AppleはついにApple Musicアプリを完全なmacOSのネイティブアプリとして再構築するようです。

2019年にAppleがmacOS Catalinaを発表したとき、よく知られているiTunesは、iOSとtvOSにおける同社の戦略をよりよく反映するために、Musicアプリに置き換えられました。しかし、新しい名前になったとはいえ、macOSのミュージックアプリはiTunesのバックエンドを保持しており、基本的にはウェブコンテンツの束をアプリに読み込んだものでした。

これはほとんどのユーザーにとっては有効ですが、アプリの中にウェブコンテンツがあると、体験の流動性が損なわれます。幸運なことに、AppleはmacOS Monterey 12.2 betaでついにこの状況を変えようとしており、ミュージックアプリのバックエンドにいくつかの大きな変更が加えられています。

ミュージックアプリの中には、ミュージックライブラリのように、すでにネイティブなものもありました。しかし今回、Macユーザーは、Apple Musicで新曲を検索する際に、結果ページがウェブページではなくネイティブなインターフェイスで表示されるため、より速くなったことに気づくでしょう。また、ベータ版アプリでは、要素間のスクロールがよりスムーズになり、トラックパッドのジェスチャーもより反応しやすくなっています。

両アプリを並べて比較すると、ベータ版のミュージックアプリはシンプルで、インターフェイスの効果が一部失われているように見えるかもしれません。これはおそらく、Appleがすべてを再構築しているためで、ネイティブ版がこれらの視覚効果をすべて取り戻せるようになるまでには、しばらく時間がかかるでしょう。


このmacOS Monterey 12.2のベータバージョンではProMotionが機能しており、Safariのスクロールが改善されたとの声が寄せられているようです。

10月にミニLEDのMacBook Proモデルが発売されて以来、Safariのスクロールに関する不満や、ProMotionがサポートされていないことが指摘されてきました。ProMotionは、Macの一部のアプリケーションでは機能していましたが、他のアプリケーションでは機能していませんでした。Safariは、期待通りに機能していなかったアプリケーションの一つです。

ProMotionの欠如に気づいていたMacBook Proユーザーは、macOS Monterey 12.2にアップグレードすることで、よりスムーズで流動的なSafariのスクロール体験を得ることができます。

記事検索

人気記事

新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


Apple MusicでHi-Res(ハイレゾ)音源をどのようにして見つけるか?また、Hi-Res(ハイレゾ)音源はデータ量が多いので注意が必要。


Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使える?互換性あるの?


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


News

macOS 13 Ventura Public Beta 8、iOS 16.1 Public Beta 4が配布されています。


FFmpegのARM(AppleSilicon)版の5.1.1(バイナリ)が配布開始されています。


Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。


Anker Nano llシリーズ初の100W出力。 2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載したAnker 736 Chargerを発売。


macOS Monterey 12.5 Beta 4がPublic Betaユーザーに配布されています。最後のアップデートのひとつになるか?