デザイン事務所の現場から少し変わった目線でApple関連の情報を発信。

BUFFALO Wi-Fi 6特設ページ開設。10G base-T時代の幕開けとなるか?

10Gb Ethernet

BUFFALOが「Wi-Fi 6」の発売を予告した特設ページを開設しています。

なぜ、このブログで取り上げたかというと、WiFi 6(IEEE 802.11ax)の規格は1Gbbps(ギガビットイーサーネット)よりも速度が速いので有線部分もそれ以上の規格に対応する必要があるWifiルータだからです。

10G base-T対応のルータになったらいいなと考えています。10G base-T対応のハブは5ポートの商品でも4万5千円程度するので、そのあたりが普及しづらい部分になっています。残念ながら先に発売されている、NETGEARさんのWi-Fi6対応のWiFiルータは2.5G以上の端子は(1/2.5/5Gbpsの自動切り替え)1ポートしか付いていません。

BUFFALOさんの商品がWANとは別に10G対応の有線ポートを4つ搭載!になればいっきに10G Base-Tが普及する起爆剤になると思うのですが、果たして詳細はどうなっているのでしょう(サイトの更新が楽しみです)。

WiFi6は3Gbps(375MB/s)ぐらいからスタートでしょうか?将来的には10Gbps(1,250MB/s)も技術的には可能なんて言われています。

Wi-Fi Allianceウェブサイトより

関連記事

記事検索

News

Final Cut Pro 10.6のアップデートが配布されています。


パブリックベータユーザー向けにmacOS Monterey 12.0.1、iOS 15.1、iPadOS 15.1、watchOS 8.1、tvOS 15.1を配布しています。


Denon(デノン)のAVアンプの入門機 AVR-X550BTがアマゾンで20,000円(24% OFF)で販売。


デノン、7.2chAVアンプの新モデル「AVR-X1700H」を11月下旬に発売予定。


iOS 15.1、watchOS 8.1、tvOS 15.1の Public Beta 4をパブリックベータ登録ユーザーに配布しています。


人気記事

Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2


Mac mini 2018のオプションの10Gb Ethernetはのどぐらいの速度(実速)?


OSX Catalina(10.15.4)で不要になったコンテナを削除する方法(BootCamp等)。


10G base-T Ethernetはどこまで使えるか


M1 MacとAVアンプを接続して空間オーディオを楽しむ「Macでサラウンド」


新着記事

Macでサラウンドを再生するその前に「Audio MIDI設定を変更する」が必要です。


新型MacBook Proの発表に関して思うこと(M1 Mac mini 8Gモデルをメインで使用した感想)。


Apple TV 4Kと5.1chアンプ(Dolby Atmosに対応していない)接続時の「空間オーディオ」の再生がうまくいかない問題とその回避方法。


「Macでサラウンド」MacとAVアンプを接続して「サラウンド」を体感しよう(基礎編)


Ankerの87Wモバイルバッテリー(Anker PowerCore III Elite 25600)は外出先でどのぐらいの時間使えるか実験。