デザイン事務所の現場から少し変わった目線でApple関連の情報を発信。

BUFFALO Wi-Fi 6特設ページ開設。10G base-T時代の幕開けとなるか?

10Gb Ethernet

BUFFALOが「Wi-Fi 6」の発売を予告した特設ページを開設しています。

なぜ、このブログで取り上げたかというと、WiFi 6(IEEE 802.11ax)の規格は1Gbbps(ギガビットイーサーネット)よりも速度が速いので有線部分もそれ以上の規格に対応する必要があるWifiルータだからです。

10G base-T対応のルータになったらいいなと考えています。10G base-T対応のハブは5ポートの商品でも4万5千円程度するので、そのあたりが普及しづらい部分になっています。残念ながら先に発売されている、NETGEARさんのWi-Fi6対応のWiFiルータは2.5G以上の端子は(1/2.5/5Gbpsの自動切り替え)1ポートしか付いていません。

BUFFALOさんの商品がWANとは別に10G対応の有線ポートを4つ搭載!になればいっきに10G Base-Tが普及する起爆剤になると思うのですが、果たして詳細はどうなっているのでしょう(サイトの更新が楽しみです)。

WiFi6は3Gbps(375MB/s)ぐらいからスタートでしょうか?将来的には10Gbps(1,250MB/s)も技術的には可能なんて言われています。

Wi-Fi Allianceウェブサイトより

関連記事

記事検索

News

Adobe Creative Cloud 2020のPs、Pr、Ae等のアップデートが配布されています。


MacOSの動画再生アプリ「IINA」の1.0.6のアップデータが配布されています


Adobe Creative Cloud 2020のAi、Pr、Ae等のアップデートが配布されています。


Firefox 72.0.1、Firefox Nightly 74


Carbon Copy Cloner 5.1.14のアップデータが配布されています。


人気記事

Boot CampのWindows10でeGPUが使えるように!


10G base-T Ethernetはどこまで使えるか


Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2


Boot Camp 更新プログラム6.1.10が配布されています。同時にAMDのHPからBoot Campのドライバも配布開始。新しいドライバはeGPUに対応したか?


Mac mini 2018のオプションの10Gb Ethernetはのどぐらいの速度(実速)?


新着記事

OCN 2020年6月から順次、IPv6インターネット接続機能(IPoE)を無料で利用できるサービスを開始!バッファローのWXR-5950AX12で早速体感。


テレワーク(ビデオ会議)時代のWiFi選び。WiFiの速度を実測。WiFi 5「5 GHz (11ac)」、WiFi 4「2.4 GHz (11n)」の特性を検証。


OSX Catalina(10.15.4)で不要になったコンテナを削除する方法(BootCamp等)。


Adobe After EffectsはCC 2020(17.04)で大幅にeGPUに対応?!したのか?


Apple Beta Software Program向けに「macOS Catalina 10.15.4 public beta 5」(ビルド19E258a)が配布されています。