デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

Apple TV 4Kと5.1chアンプ(Dolby Atmosに対応していない)接続時の「空間オーディオ」の再生がうまくいかない問題とその回避方法。

Apple TVDolby Atmos

結構多くのApple TV 4Kユーザーが「Dolby Atmos」対応のAVアンプではない機種を利用しているケースは多いと思う。私自身5.1ch出力に対応したAVアンプしか持っていない。

実は「Special Audio(空間オーディオ)」はDolby Atmosを全面に押し出しているので仕方のないことなのかもしれない。AppleのホームページにもDolby Atmos対応のAVレシーバーを利用と書かれてある。


まずはMusic Appで「Special Audio(空間オーディオ)」を利用する切り替えをする必要があります。

  1. Apple TV で、「設定」>「App」を選択します。
  2. 「ミュージック」を選択します。
  3. 「ドルビーアトモス」を選択し、「自動」に切り替えます

これで「Special Audio(空間オーディオ)」を使うための設定が完了です。

しかし、私の環境のように5.1ch(Dolby Atmos非対応)のAVアンプに接続して「Special Audio(空間オーディオ)」を再生すると、

音が変!全然サラウンドで再生されない!!

音が左側に偏って再生され、本来再生されるべきスピーカーから音が出ていない感じです。

これならステレオとかDolby PLII(疑似サラウンド)で再生した方はまだまし。

「Dolby Atmos」対応のAVアンプじゃないとだめなのかな〜とか思ったのですが、下記設定で問題解消です。

  • 「設定」>「ビデオとオーディオ」を選択します。
  • 「オーディオフォーマット」>「フォーマットを変更」を選択します。
  • 「ドルビーデジタル5.1」を選択

これで、5.1chのAVアンプでも「Special Audio(空間オーディオ) with Dolby Digital」を楽しむことができます。

「Special Audio(空間オーディオ)」再生時は思い切り「Dolby Digital」で再生中ですよって感じでした。下の写真のようにパススルーでAVアンプにDolbyのデータを送付しているモードに切り替わります。

どうも「Dolby Atmos」の音源は下位のDolby音源との互換性で注意が必要なようです。

「Special Audio(空間オーディオ)」はかなりの迫力で再生されていますが、型落ちの無理矢理設定みたいで、、、少しいやだなぁ。

そろそろ「Dolby Atmos」対応のAVアンプの購入を検討した方がいいのかな〜。


サラウンド関連の情報はこちらからまとめてみることができます。


記事検索

人気記事

新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使える?互換性あるの?


バッファローの「Wi-Fi EasyMesh™」(メッシュ)環境を3台のBuffalo AirStationで構築。


News

Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。


Anker Nano llシリーズ初の100W出力。 2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載したAnker 736 Chargerを発売。


macOS Monterey 12.5 Beta 4がPublic Betaユーザーに配布されています。最後のアップデートのひとつになるか?


FFmpegのフロントエンド「ff·Works 3.0.6」のアップデータが配布されています。


macOS Monterey 12.5、iOS 15.6のBeta 3がPublic Betaユーザーに配布されています。次期OSのBeta版の公開も目前か?