デザイン事務所の現場から少し変わった目線でApple関連の情報を発信。

プレゼン、社内ミーティングに「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その1

Apple TV

今まではミーティングルームで液晶TV + Mac mini(Early 2009)という構成で使っていたいました。

ミーティングルームの画面での動画の修正や印刷物の修正等を(クライアントの)目の前で完結するとお互いのタイムロスが少なく効率がいいです。社内でも最近はそのような使い方が増えています。

Mac miniで十分な気がしますが、問題点もあります。

  • プレゼンでしか使用しないPCにアプリを購入しインストールすることは経費が無駄にかかる。
  • パフォーマンスが高くないPCでは動画の再生・修正・プレゼンは難しい。
  • アプリのバージョンやプラグインの互換性の問題が生じることがある。
  • Mac miniは結構な値段がする。
  • プレゼンが円滑にできるように事前にMac miniで動作確認をしないといけない(時間のロス)。

ミーティング中にファイル抜けやファイルが開けない等のトラブルはたまにあります。その時には自分やスタッフのPCを利用するためにMac miniから画面共有をしてMac miniのキーボードやマウスでプレゼンしないといけない等、不便な事が多くありました。

社内でレンダリングを非作業PCで遠隔操作をする際や、他のPCの設定を遠隔で操作できること等に関しては、画面共有はかなり使える機能です。しかし目的をミラーリングを目的とした機能ではありません(音声も元になるパソコンから出力されます)。

それでも、新しいMac miniを購入しプレゼンができる環境づくりを検討をしていました。

しかし、プライベートでApple TVの購入を検討していると「あれ?AirPlay機能使えば仕事でむっちゃ使えるんじゃね?iPadでプレゼンできるし!」という事で買っちゃいました(今更ですみません、、、)。

完成予想図

購入したのは「Apple TV HD」。会社のミーティングルームのTVは普通のフルHDのテレビですし、思ったように使えなかったときのリスクも考え、最も安いもので。

とりあえず、PCモニタに接続して実験。
あ〜。使えないの買ってしまったと一瞬思いました。

あれ?Apple TVのAirPlayってまさかのPCの画面は端まで表示できない(黒フチが付いちゃうの?)!!

いえいえ、設定がこんな所にありました。アンダースキャンをOFFにしてやると全画面表示ができるようになりました(PCモニタでも、TVでも同じ症状がおこるということはPC接続はここを注意しないといけない設定かもしれません。接続は共にHDMI接続)

ミーティングルームで実稼働実験開始(初音ミクのフィギュアが写っているのは突っ込まないでください)
接続はパソコンのシステム設定のディスプレイでAirPlayで選択するだけ!(初回はリンク作業が必要)でミラーリングが開始されます。ミラーリングオプションにチェックを入れておくと、メニューバーで簡単に切り替えができます。
接続してみました。問題なくPC表示できています(MacBook ProのAirPlay画像)。
MacBookProのブラウザ上でアベマTVでMTVを流してみましたが、動画の動きはミラーリング(AirPlay)とは気がつきませんでした。

しかも、音声が接続先のApple TVから流れるので、動画のプレゼン等にも十分ですね(細かい画像チェック等の段階での利用はもちろん無理ですが、そういうのはファイルの実物で確認し合いますしね)。普段使っているパソコンなので、ファイルが別の場所と言うことも無いですし、扱いなれている環境でプレゼンできるのは非常に便利です(他のクライアントのファイル等見られたら困るファイルはデスクトップから移動しておいてくださいね。笑。)。

ミーティングでクライアントさんが自身のiPadでYouTubeの画像を調べて「こういうイメージなんですよ」とAirPlay接続の大画面で具体的に見せ合いながら話ができる環境はかなりいいです!

すべての方に有益なApple TVの使い方ではないのだと思いますが、同じようなケースを求めている方もいらっしゃるのではと記事にしてみました。

これで終わりの記事のはずなのに、今回なんで「その1」ってしてしまった?「その2」をなにか考えないとですね。

記事検索

News

Adobe Creative Cloud 2020のPs、Pr、Ae等のアップデートが配布されています。


MacOSの動画再生アプリ「IINA」の1.0.6のアップデータが配布されています


Adobe Creative Cloud 2020のAi、Pr、Ae等のアップデートが配布されています。


Firefox 72.0.1、Firefox Nightly 74


Carbon Copy Cloner 5.1.14のアップデータが配布されています。


人気記事

Boot CampのWindows10でeGPUが使えるように!


Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2


Boot Camp 更新プログラム6.1.10が配布されています。同時にAMDのHPからBoot Campのドライバも配布開始。新しいドライバはeGPUに対応したか?


10G base-T Ethernetはどこまで使えるか


eGPUがやってきた!その2 GPU比較(Vega 20 vs Radeon RX 580 vs Radeon VII)


新着記事

OCN 2020年6月から順次、IPv6インターネット接続機能(IPoE)を無料で利用できるサービスを開始!バッファローのWXR-5950AX12で早速体感。


テレワーク(ビデオ会議)時代のWiFi選び。WiFiの速度を実測。WiFi 5「5 GHz (11ac)」、WiFi 4「2.4 GHz (11n)」の特性を検証。


OSX Catalina(10.15.4)で不要になったコンテナを削除する方法(BootCamp等)。


Adobe After EffectsはCC 2020(17.04)で大幅にeGPUに対応?!したのか?


Apple Beta Software Program向けに「macOS Catalina 10.15.4 public beta 5」(ビルド19E258a)が配布されています。