デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

eGPUが活躍するか?Apple Arcadeが楽しみすぎる。

CatalinaApple ArcadeeGPU

Apple Arcadeは9月19日(日本時間20日)スタート!

ついにApple Arcadeが20日より使えるようになります。ただし、Catalinaの正式リリースが10月になるようですので、Macで使えるようになるのはそれからと言うことでしょうか(Apple ArcadeはCatalinaの新機能のひとつですからMojaveでは残念ながら使えません)。

iOSには結構面白いゲームタイトルもありますが、Macは今まではゲームとは縁遠いマシンでした。このApple Arcadeの登場で一気に広がりをみせるのでしょうか?

eGPUはどこまで性能を発揮できるのか?

楽しみな理由の一番としてはMacではあまりGPU(グラフィックカード)の恩恵を受ける要素が今まで少なかったのは事実です。別の記事にも書いていますが、GPU性能に比例してアプリの性能が変わるそんな状況はあまりありませんでした。Windowsにはゲームという要素があり、GPUはその世界でもっとも比較されその性能を体感できるがMacとの大きな違いでした。

Apple Arcadeの登場によってGPUをどのぐらい有効に活用できるかがAppleの腕の見せ所となるのでしょう。本来であればApple Arcadeは市場の少ないMacをサポートする必要は無かった気がします。でも、手間をかけてまで対応させたことはPCゲーム市場をAppleが本気で狙っているとも考えられます。

そうなれば、Windowsや他のゲーム機に負けない3D要素の高いゲームは必需となるでしょう。それには高性能なGPUが必要になります。

iPhone vs iPad vs Mac

iPhoneやiPadのに搭載されているAシリーズのチップは年々その性能を向上させていて、インテルの下位のCPUよりは高性能とまで言われています。同じレーベルのゲームでMacとiPhone、iPadとどちらがゲームを快適にできるか?なんて話も今後は色々と出てくる気がしてワクワクしています。

Apple Beta Software Programに登録すると一足先にMacでもApple Arcadeが楽しめる?

Apple ArcadeはiOSでは20日から利用可能と言われていましたが、17日現在iOSのパブリックベータでも先行的に利用できるようになりました。Mac版は10月公開となっていますが、パブリックベータでは一足早く楽しめるかもしれませんね。(2019年9月17日加筆修正)

Apple Beta Software Program(このページ)で登録すると、Beta版のCatalina(Mac OS 10.15)がインストールできるようになります。

2019年9月13日現在の最新Public BetaはBeta7になります。

インストールする際には新しいコンテナ(アップルの説明)を作ってインストールするようにしましょう。

詳しくはこのページの「ボリュームを APFS コンテナに追加する」を参照ください。

記事検索

人気記事

新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使える?互換性あるの?


バッファローの「Wi-Fi EasyMesh™」(メッシュ)環境を3台のBuffalo AirStationで構築。


News

Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。


Anker Nano llシリーズ初の100W出力。 2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載したAnker 736 Chargerを発売。


macOS Monterey 12.5 Beta 4がPublic Betaユーザーに配布されています。最後のアップデートのひとつになるか?


FFmpegのフロントエンド「ff·Works 3.0.6」のアップデータが配布されています。


macOS Monterey 12.5、iOS 15.6のBeta 3がPublic Betaユーザーに配布されています。次期OSのBeta版の公開も目前か?