デザイン事務所の現場から少し変わった目線でApple関連の情報を発信。

eGPUがやってきた!その2 GPU比較(Vega 20 vs Radeon RX 580 vs Radeon VII)

eGPU

MacBookPro2018の内蔵GPUのVega20とeGPU(eGFX Breakaway Box 650)に接続したRadeon RX 580(MSI Radeon RX 580 ARMOR 8G OC) 、Radeon VII(MSI RADEON VII 16G)(※1)でどのぐらい違いがあるかを実験してみました。
実験条件はMacBookPro(15-inch, 2018、2.9 GHz Intel Core i9、メモリ32 GB、Radeon Pro Vega 20)をクラムシェルモードでBENQ PD3200Uに3008×1692(6016×3384)で接続(内蔵GPUはHDMIケーブルでモニタに直接接続)。普段仕事で使用しているのと同じ環境です。

Geekbench 4(OPEN CL、METAL)
Unigine Heaven Benchmark 4.0
・Adobe After Effects CC 2019レンダリング時間(※2)

Geekbenchではスペックに応じた結果となっています。
VIIが圧倒的でした。
驚きのVIIが最も遅いという結果が!

Adobe After EffectsのレンダリングでVIIが一番遅かった要因としては下のグラフのGPU使用率にあるのではないかと(グラフの使用率が上がってるところがAeのレンダリング中の様子)。LuxMarkやHeavenのベンチマークでどのGPUもグラフがMAXから落ちることが無かった所をみると、AdobeのAeは最適化ができていないのかもしれませんね。

RX 580、Vega20はレンダリング中のGPU使用率が高い、Radeon VIIは最適化の可能性があるということ?

LuxMarkでGPU(グラフィックボード)にのみ負荷をかけたときのCPUの温度変化のグラフです。

明らかに違いますね。内蔵GPUではグラフィックチップの発熱につられてCPU温度も上がってしまうようです(上グラフ)。外付けのGPU(eGPU)に負荷をかけた時にCPUの温度が上がることはありませんでした(下グラフ)。Macの発熱を抑えるという意味でeGPUを使うのもありなのかもしれませんね。

知り合いのデザイン事務所ではAfterEffectsのレンダリングが途中で落ちる特定の動画ファイルがあったようですが(MacBook Pro 2017使用時、MacPro2013では最後までレンダリングできる)、eGPU(Radeon RX 580)を使用し始めて最後までレンダリング出来るようになり、時間もかなり短くなったらしいです。

これはMacに限らずCPUが一定以上の温度になると動作を一時的に低速にして温度を下げようとするからで、高負荷の作業をしていると、結構あるあるな現象です。特に高性能なCPUを搭載したノートパソコンでは起こりやすいです。内蔵GPUの発熱の影響をうけないeGPUはCPUの発熱による速度低下を緩和できるようですね。

結論としてはeGPUはThunderbolt3端子を持つインテルグラフィックスのMac(MacMini、Macbook Pro 13inch、Macbook、MacBook Air等)にはeGPUは特におすすめです(今のところはRadeon RX580で十分)。Radeon Pro Vega 20をチョイスした私のMacBook Pro 15inchはeGPUは今のところはあまり意味が無いようです。

10万近くするRadeon VIIを買ってしまった私は完全に人柱か!?(その機能がフルで発揮できる日を期待)。

※1 MacOS Mojave 10.14.5以上でなければRadeon VIIは使用できません。

※2 仕事用の3分程度の動画ファイル(色調変換、多少のエフェクト、イラストレーターファイルのはめ込み、移動程度のYouTubeの広告動画)。

※2019年8月1日加筆

関連記事

eGPUがやってきた!その1 初めて使ってみるよ。

eGPUの消費電力はどのくらい?

eGPU(外部GPU・外部グラフィックカード)のアプリケーションの設定

記事検索

News

Final Cut Pro 10.6のアップデートが配布されています。


パブリックベータユーザー向けにmacOS Monterey 12.0.1、iOS 15.1、iPadOS 15.1、watchOS 8.1、tvOS 15.1を配布しています。


Denon(デノン)のAVアンプの入門機 AVR-X550BTがアマゾンで20,000円(24% OFF)で販売。


デノン、7.2chAVアンプの新モデル「AVR-X1700H」を11月下旬に発売予定。


iOS 15.1、watchOS 8.1、tvOS 15.1の Public Beta 4をパブリックベータ登録ユーザーに配布しています。


人気記事

Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2


Mac mini 2018のオプションの10Gb Ethernetはのどぐらいの速度(実速)?


OSX Catalina(10.15.4)で不要になったコンテナを削除する方法(BootCamp等)。


10G base-T Ethernetはどこまで使えるか


M1 MacとAVアンプを接続して空間オーディオを楽しむ「Macでサラウンド」


新着記事

Macでサラウンドを再生するその前に「Audio MIDI設定を変更する」が必要です。


新型MacBook Proの発表に関して思うこと(M1 Mac mini 8Gモデルをメインで使用した感想)。


Apple TV 4Kと5.1chアンプ(Dolby Atmosに対応していない)接続時の「空間オーディオ」の再生がうまくいかない問題とその回避方法。


「Macでサラウンド」MacとAVアンプを接続して「サラウンド」を体感しよう(基礎編)


Ankerの87Wモバイルバッテリー(Anker PowerCore III Elite 25600)は外出先でどのぐらいの時間使えるか実験。