デザイン事務所の現場から少し変わった目線でApple関連の情報を発信。

Thunderbolt3は40Gbps(5000MB/s)と言われてるけど、本当はその半分!?

eGPUThunderbolt3

Thunderbolt3は40Gbps(5000MB/s)と多くのサイトで広報されていますが、実際の転送レートは最大2,750MB/s。でも、40Gbps近くまで実は速度が出るんじゃないか?なんて甘い期待を込めて実験を開始します。

今回の実験に使うSSDは2種類。両方ともPCIeを利用してM.2スロット増設インターフェースボードを介して接続するM.2 NVMeのSSD。ウエスタンデジタル社の500GのSSD2種。WD BLACKといわれるWDS500G2X0C(PCIe x4)とWD BLUEといわれるWDS500G1B0C(PCIe x2)。表面的な大きな違いは読み書きの速度でBLACKがRead 3,400MB/s、Write 2,800MB/sでBLUEがRead1,700MB/s、Write1,450MB/sとなっています。
なぜこの2種類で実験したかというと、ひとつはThunderbolt3のボトルネックである2,750MB/sを超える性能のあるWD BLACKのSSDはどの速度で頭打ちになるかという興味と、Thunderbolt3のボトルネックより下であるWD BLUEのSSDは本来の性能をどのぐらい発揮できるのかということを知りたかっただけなんですけどね。

Thunderbolt3を接続するPCIeの拡張ボックスはeGPU用の拡張ボックスの「Sonnet eGFX Breakaway Box」(本来の使用方法とは異なります)で代用しました。

WD BLUEはRead1,700MB/s、Write1,450MB/sに近い数字が。

WD BLACKは2,750MB/sの壁に阻まれReadは3,400MB/sには届きませんででしたが、Writeは数字が出ています。

MacではPCIe 3.0×4をテストするハードが存在しないので、Windows機でテスト(WD BLACK)するときちんとRead 3,370MB/s、Write 2,517MB/s出ました。

Thunderbolt3のボトルネックやはり(転送限界値)は「2,750MB/s」

とはいえ、外付けでPCIe 3.0×4(32Gbps=4GB/s=4000MB/s)の機能が使えるというのは、数年前のデスクトップPCよりもノートパソコンに拡張性ができたということですから、うれしい話なんですけどね。

記事検索

News

macOS Big Sur 11.5 Beta3がBetaプログラムユーザー向けに配布開始されました。


iOS 14.2 パブリックベータ2、Big Sur Beta9 11.0が配布されています。


iOS 14.2 Public Betaが配布されています。


Big Sur パブリックベータ8(20A5374i)が配布開始


Adobe Creative Cloud 2020のPs、Pr、Ae等のアップデートが配布されています。


人気記事

Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2


Mac mini 2018のオプションの10Gb Ethernetはのどぐらいの速度(実速)?


OSX Catalina(10.15.4)で不要になったコンテナを削除する方法(BootCamp等)。


10G base-T Ethernetはどこまで使えるか


Boot CampのWindows10でeGPUが使えるように!


新着記事

MacとNVMe M.2 SSDの相性問題(USB3.1 gen 2 ケース)


アマゾンで899円の「M.2ヒートシンク合金アルミニウムNGFFヒートシンク」を買ってみた。


MacとNVMe M.2 SSDの相性問題(CrucialのP5をMacで使う場合は要注意)


デザイン事務所のMac環境でRAID機器は必要か。


OWC Envoy Express(Thunderbolt 3 NVME M.2 SSDケース)を使ってみた。