デザイン事務所の現場から少し変わった目線でApple関連の情報を発信。

eGPU(外部GPU・外部グラフィックカード)のアプリケーションの設定

eGPU

アップルの公式ページ「Mac で外付けのグラフィックプロセッサを使う」に丁寧に説明をしてくれています。

その説明の中で、下記の2つの注意点に注目してみました。

・「外部 GPU を優先」オプションを使う
・eGPUに接続した外付けのディスプレイをメインのディスプレイとして設定する

アプリケーションによっては何もしなくても、完全にeGPUを選択して制御できるものも存在しています(例えばGeekBench等)。我々が日常的に使用しているソフトはどうでしょう?

Adobe Illustrator 2019(23.0.4)は(GPUパフォーマンス使用)するとかなり高負荷でGPUを使用します。GPUはあまり関係なさそうなソフトですが、外付けのeGPUを現在フル(アクティビティーモニタのGPUグラフ)で使い切ってくれる数少ないソフトのひとつです。

まずはアプリケーションで「外部 GPU を優先」にチェックを入れるか入れないかの実験です。

「外部 GPU を優先」オプションを使う方法は

  • App が開いている場合は閉じます。
  • Finder で App を選択します。多くの App は「アプリケーション」フォルダにあります。App を普段エイリアスやランチャーから開いている場合は、その App のアイコンを「control」キーを押しながらクリックして、ポップアップメニューから「オリジナルを表示」を選択します。そして、オリジナルの App を選択します。
  • 「command + I」を押して App の情報ウインドウを開きます。
  • 「外部 GPU を優先」の横にあるチェックボックスを選択します。
  • eGPU で使う App を開きます。

・APPの「外部のGPUを優先」にチェックをいれていない条件だと
MacBookの内蔵ディスプレイでの拡大縮小(GPUパフォーマンス使用)は内蔵GPU(私の場合Vega20)が使用される。
外付けのディスプレイ(eGPU・外部GPU経由)はeGPU・外部GPUが使用される。

・APPの「外部のGPUを優先」にチェックをいれている条件だと
MacBookの内蔵ディスプレイでの拡大縮小(GPUパフォーマンス使用)はeGPU・外部GPUが使用される。
外付けのディスプレイ(eGPU・外部GPU経由)はeGPU・外部GPUが使用される。

Thunderbolt3で直接外部モニタをMacBookProから接続した場合。

・APPの「外部のGPUを優先」にチェックをいれていない条件だと
MacBookの内蔵ディスプレイでの拡大縮小(GPUパフォーマンス使用)は内蔵GPU(私の場合Vega20)が使用される。
外付けのディスプレイ(Thunderbolt3経由HDMI)は内蔵GPU(私の場合Vega20)が使用される。

・APPの「外部のGPUを優先」にチェックをいれている条件だと(※1)
MacBookの内蔵ディスプレイでの拡大縮小(GPUパフォーマンス使用)はeGPU・外部GPUと内蔵GPU(私の場合Vega20)が共に使用される。
外付けのディスプレイ(Thunderbolt3経由HDMI)はeGPU・外部GPUと内蔵GPU(私の場合Vega20)が共に使用される。

(※1)GPU使用が混在して使われている状況に関しては2つのGPUを効率よく使用しているのかどうかは不明。

イラストレータの場合は「eGPUに接続した外付けのディスプレイをメインのディスプレイとして設定する」という条件によって変化はありませんでした。

下の写真は画面を切り替えた時のアクティビティーモニタによるGPU使用率の変化です。

eGPUで外部ディスプレイを接続し「外部のGPUを優先」にチェックをいれていない際のGPUの動作時のグラフ。前半が外部モニタで、後半が内蔵モニタで拡大縮小をした結果。

Adobe After Effects CC 2019(16.1.2)は「eGPUに接続した外付けのディスプレイをメインのディスプレイとして設定する」という条件も優先されるようで、「外部のGPUを優先」にチェックを入れている条件でもメインのディスプレイをMacBookProの内蔵ディスプレイを使用すると、内蔵GPU(私の場合Vega20)が使用され始めることもありました。「外部のGPUを優先」にし、外部モニタをメインモニタに設定した場合はeGPU(外部GPU)が使用されました。レンダリング時間の差異もわかりにくく、条件が明確にわかりにくいこともあるので報告だけにしておきます。

eGPUは使用するアプリケーションがまだ完全に対応をできてない状況というのが現状でしょうか。

記事検索

News

Final Cut Pro 10.6のアップデートが配布されています。


パブリックベータユーザー向けにmacOS Monterey 12.0.1、iOS 15.1、iPadOS 15.1、watchOS 8.1、tvOS 15.1を配布しています。


Denon(デノン)のAVアンプの入門機 AVR-X550BTがアマゾンで20,000円(24% OFF)で販売。


デノン、7.2chAVアンプの新モデル「AVR-X1700H」を11月下旬に発売予定。


iOS 15.1、watchOS 8.1、tvOS 15.1の Public Beta 4をパブリックベータ登録ユーザーに配布しています。


人気記事

Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2


Mac mini 2018のオプションの10Gb Ethernetはのどぐらいの速度(実速)?


OSX Catalina(10.15.4)で不要になったコンテナを削除する方法(BootCamp等)。


10G base-T Ethernetはどこまで使えるか


M1 MacとAVアンプを接続して空間オーディオを楽しむ「Macでサラウンド」


新着記事

Macでサラウンドを再生するその前に「Audio MIDI設定を変更する」が必要です。


新型MacBook Proの発表に関して思うこと(M1 Mac mini 8Gモデルをメインで使用した感想)。


Apple TV 4Kと5.1chアンプ(Dolby Atmosに対応していない)接続時の「空間オーディオ」の再生がうまくいかない問題とその回避方法。


「Macでサラウンド」MacとAVアンプを接続して「サラウンド」を体感しよう(基礎編)


Ankerの87Wモバイルバッテリー(Anker PowerCore III Elite 25600)は外出先でどのぐらいの時間使えるか実験。