デザイン事務所の現場から少し変わった目線でApple関連の情報を発信。

Catalina パブリックベータ Test 01(eGPU編)

eGPU

本日、MacOS Catalinaのパブリックベータが発表されたので、まずはeGPUとRadeon VIIの組み合わせで問題なく起動するかということからテストしてみました。

多くの方々が色々なまとめをされるでしょうから、このブログ的にはeGPU関係からレポートを!

結論から言うと、Radeon VIIでも問題なくインストール起動が確認されました。eGPU周りでのMojaveからの変化をまとめてみたいと思います

問題なく起動しました。
インストールしたバージョンは19A487mです。

まずは「このマックについて」で確認するとMojaveでは内蔵ディスプレイがVega 20になっていたのですが、Catalinaでは内蔵ディスプレイも外付けGPUのRadeon VIIとの表示に変わっていました(まだBetaなのでなんともわかりませんが)。eGPUがより効果的に使える予感がしました。

アクティビティモニタではMojaveには無かったGPUの項目が追加されています。

eGPUを使用しているThunderbolt3のポート番号も表示されている!

アクティビティモニタではGPUを使用しているソフトとその使用率も表示されており、どのソフトがGPUをどのぐらい使用しているかが分かるようになっていました。

ベータ版としてわかりやすくポート番号を表示している可能性もありますが、どのポートにeGPUが使われているかが表示されていました。複数のeGPUを使うような用途をAppleが考えているのであれば驚きです。

MacPro 2019ではより高性能なAMDのGPUが搭載されていることもあるので、Metal(Metal 2)の技術を利用してGPUを効果的に利用する方向性にシフトしていくのでしょうか?それであれば大歓迎です。

NVIDIAのCUDAの技術はAppleが積極的に取り入れることが少なく、あまりその恩恵を仕事上で感じることはありませんでした。動画系のソフト等ではGPUをもっと効率よく使用できるようになれば、時間的な効率や操作性は向上する余地が大いにあると考えています。そうなれば、Appleがデザイン系の世界でもっと優位性を構築することができるような気がします。

時間をみつけてCatalinaでのテストを引きつづきしていきます。

それはそうと謎なのがこれ

話は変わりますが、外付けのSSDにインストールしたのですが、なぜか「SSD」と「SSD-Deta」とパーティションが作られました。なんか、なれないので少し戸惑っています。

記事検索

News

Adobe Creative Cloud 2020のPs、Pr、Ae等のアップデートが配布されています。


MacOSの動画再生アプリ「IINA」の1.0.6のアップデータが配布されています


Adobe Creative Cloud 2020のAi、Pr、Ae等のアップデートが配布されています。


Firefox 72.0.1、Firefox Nightly 74


Carbon Copy Cloner 5.1.14のアップデータが配布されています。


人気記事

Boot CampのWindows10でeGPUが使えるように!


10G base-T Ethernetはどこまで使えるか


Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2


Mac mini 2018のオプションの10Gb Ethernetはのどぐらいの速度(実速)?


Boot Camp 更新プログラム6.1.10が配布されています。同時にAMDのHPからBoot Campのドライバも配布開始。新しいドライバはeGPUに対応したか?


新着記事

OCN 2020年6月から順次、IPv6インターネット接続機能(IPoE)を無料で利用できるサービスを開始!バッファローのWXR-5950AX12で早速体感。


テレワーク(ビデオ会議)時代のWiFi選び。WiFiの速度を実測。WiFi 5「5 GHz (11ac)」、WiFi 4「2.4 GHz (11n)」の特性を検証。


OSX Catalina(10.15.4)で不要になったコンテナを削除する方法(BootCamp等)。


Adobe After EffectsはCC 2020(17.04)で大幅にeGPUに対応?!したのか?


Apple Beta Software Program向けに「macOS Catalina 10.15.4 public beta 5」(ビルド19E258a)が配布されています。