デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

Dropbox による ARM(Apple シリコン)ネイティブ サポートの利用方法について

M1 Mac

Dropbox による ARM(Apple シリコン)ネイティブ サポートがDropbox の先行リリース プログラムに参加することで利用可能になっています。


Apple シリコンのサポートをテストしたい場合:

  1. dropbox.com にログインします。
  2. 右上にあるアバター(プロフィール写真またはイニシャル)をクリックします。
  3. 設定]をクリックします。
  4. 全般]タブの[基本設定]で[先行リリース]をオンに切り替えます。

DropboxはこれまでIntel版しか無くメモリを沢山使用するために、作業状況に応じてアプリケーションを終了し必要な時に起動する対応をとっていましたが、ARM版のリリースでメモリ消費は格段に減っている印象です。

使用に関しては今のところ問題が生じている感じではないので、気になる方はインストールされてみるのが良いかと思います。弊社でも8GのM1 MacMiniはドロップボックスのメモリ消費に苦戦していました。


記事検索

人気記事

新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使える?互換性あるの?


バッファローの「Wi-Fi EasyMesh™」(メッシュ)環境を3台のBuffalo AirStationで構築。


News

Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。


Anker Nano llシリーズ初の100W出力。 2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載したAnker 736 Chargerを発売。


macOS Monterey 12.5 Beta 4がPublic Betaユーザーに配布されています。最後のアップデートのひとつになるか?


FFmpegのフロントエンド「ff·Works 3.0.6」のアップデータが配布されています。


macOS Monterey 12.5、iOS 15.6のBeta 3がPublic Betaユーザーに配布されています。次期OSのBeta版の公開も目前か?