デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

Apple Siliconに最適化されたMicrosoft Teamsのベータ版がダウンロード可能に。

NewsM1 Mac

M1チップを搭載した最初のMacのリリースから1年半をたちましたが、やっとMicrosoftはApple Siliconに最適化されたMicrosoft Teamsのバージョンをリリースしました。Apple Silicon版のMicrosoft Teamsは、Teamsユーザーにはまだ公開されていませんが、同社のウェブサイトからダウンロード(直接ダウンロードが開始されます)することができます。

Microsoftは、このmacOS向けTeamsのバージョンを公には発表していませんが、今週、同社のウェブサイトでファイルが発見されました。ダウンロードしてインストールすると、Teamsが「Universal」アプリになったことがわかります。これは、IntelとApple Siliconの両方を搭載したMacに最適化されていることを示しています。

今回のTeamsのバージョンはベータ版のようで、必ずしも完全に安定しているわけではなく、バグやパフォーマンスの問題がある可能性がある。とはいえ、Apple Siliconマシンでのパフォーマンスには顕著な改善がもたらされるはずです。

政府系(公共)の仕事においては中国にサーバーのあるzoomの使用を禁止されているケースもありますので、個人的にはアップデートが非常に助かります。

記事検索

人気記事

M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


Apple MusicでHi-Res(ハイレゾ)音源をどのようにして見つけるか?また、Hi-Res(ハイレゾ)音源はデータ量が多いので注意が必要。


Mac mini 2018のオプションの10Gb Ethernetはのどぐらいの速度(実速)?


新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


M1 PROとM1 MAXの最大メモリ帯域に関する考察。


News

Ventura (13.1から)13.2にアップデート後、IntelMacで外付けBD Driveを認識しない問題


MacBook Pro 2023モデル16インチと14インチでクロック数が違う?


MacBook Pro M2の512GBモデルはSSDの速度が遅い?


macOS 13 Ventura Public Beta 8、iOS 16.1 Public Beta 4が配布されています。


FFmpegのARM(AppleSilicon)版の5.1.1(バイナリ)が配布開始されています。