デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

Macでサラウンド(サブウーファーの交換編)

Mac SurroundAVアンプ

リビングで使用していたONKYOのSL-207をSA-CS9に買い換えたことにより、今まで使用していたONKYOのSKW-10に代えて再利用することにしました(小さいのがSKW-10)。

大きさがこんなに違います。

大きさ的な使い勝手はSKW-10の方がよいのですが、やはり最大出力が40Wから75W、再生周波数帯域(L):35Hz から再生周波数帯域(L):28Hzへの変化の違いは圧倒的でした(L側の周波数が低いほど低音再生能力が高い)。

リビング用に新たに購入したSA-CS9は115Wで再生周波数帯域(L):28Hzですので低音の再生能力では20年近く前のSL-207も最新機種にも負けていません。

SA-CS9は柔らかく迫力のある低音という感じでした。映画見るには最高!というサブウーファーです。売れ筋なのがよくわかります。

なんとか机の上にMac Pro
と共におさまりました。

Mac Pro early 2009と比べるとわかると思いますが、存在感はありまくりです。

全体的な構図としてはこんな感じです。

サブウーファーってスピーカーから離れてても大丈夫なん?って思うでしょう。本当はセンターに近い場所に置くのがベストなのかもしれませんが、低音には音の方向性があまりなく、どこにおいても聴こえ方はあまり変わりません。

このぐらい離れていても右の方から低音が!という感じでは全くないので全く気になりません。


上の写真のようにサブウーファーはそれ自体にアンプを持っていますので音量の調整とハイカットフィルター(カットオフ周波数)の調整つまみがほとんど場合ついています。

SL-207の場合はハイカットフィルター(カットオフ周波数)が50Hz〜200Hzまで選択できるようになっています。目盛りが15Hz刻みになっていますので私は80Hzに設定しています。メインの左右のスピーカーが低音再生能力が低い場合はこの目盛りと大きい方に増やしてやるとサブウーファーが担当する低音領域が増えるということになります。

このあたりは好みによると思いますので、好みに合わせて調整してみてください。目盛りをあげすぎると濁った感じの音になると思います。私も映画見るときとかは好みに合わせて色々調整して遊んでいます。


サブウーファーの違いでどのぐらい変わったか?

SKW-10とSL-207の違いについてですが、スピーカーのサイズが15cmと20cmと本体の大きさだけではなく違います。Dolbyのサラウンドテスト音源だと小さなSKW-10は音割れ(ド〜ン!的な音がびびる)のですが、SL-207はそういうことがなく極低音も余裕をもって再生してくれています。

スピーカーは大きさがすべてではないですが、サブウーファーの場合はスピーカーが大きくパワーアンプ(ワット数)が大きいことが低音の迫力に比例する傾向はあるようです。交換したことで圧倒的な低音の余裕が生まれました。


なぜ、2003年前後に発売されたサブウーファーの話を今更しているかというと、新品を買わなくても中古で色々買い集めることができるのがデスクトップオーディオの楽しみです。

少しでも、そういう方々のお役に立てればと思って記事を書いてみました。


それと実は「AVR-X1700H」を注文してしまったので、その受け入れの準備の一環としてでかね〜。


おいおい、配線工事かよ的な、ケーブルも買ってみましたので、商品が来たらそのあたりも含めて!!高級品にはあまり興味がないですが、お小遣いでちょいと買える面白そうなものは色々試してレビューしたいと思います。

いやいあ、水道のホースの小さいやつぐらいの太さありますwww

サラウンド関連の情報はこちらからまとめてみることができます。


記事検索

人気記事

M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


Apple MusicでHi-Res(ハイレゾ)音源をどのようにして見つけるか?また、Hi-Res(ハイレゾ)音源はデータ量が多いので注意が必要。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


M1 PROとM1 MAXの最大メモリ帯域に関する考察。


News

MacBook Pro 2023モデル16インチと14インチでクロック数が違う?


MacBook Pro M2の512GBモデルはSSDの速度が遅い?


macOS 13 Ventura Public Beta 8、iOS 16.1 Public Beta 4が配布されています。


FFmpegのARM(AppleSilicon)版の5.1.1(バイナリ)が配布開始されています。


Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。