デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

INTEL XEON W-2200シリーズのソケットは「FCLGA2066」。11月にiMac Proが値下げでリニューアルか?

MacPro 2019iMac

INTELのHPで情報が更新されています。XEON W-2200シリーズのソケットは「FCLGA2066」。MacPro搭載予定のW-3200の「FCLGA3647」とは異なるソケットのようです。

Mac Proはそのままのスペックで発売ですね。でも、、、割高、、、。

まあ、W-2100シリーズが「FCLGA2066」だったことを考えれば、当たり前なのですが、、、。

「FCLGA2066」ということはCore Xシリーズのi9やi7(Skylake-X、Skylake-X Refresh)と同じソケットということになりますね。

iMacに搭載されているCPUはCoffee Lake、Coffee Lake Refreshは「LGA1151」のソケットですので、これとはまた異なるラインになります。Mac miniの高性能のCPUは「Core i7-8700B」(モバイル、小型デスクトップ用)ですので、ソケットは「FCBGA1440」。これまた別ライン。

ん?そういえば「FCLGA2066」ってiMac Proのソケットじゃん!

ということはそんなに仕様変更の必要がないので、XEON W-2200シリーズがリリースされる11月には値段のお手頃なiMac Proがリニューアルされる可能性が一番高いという事な気がしてきました。

最高グレードのW-2195が2553ドルでW-2295が1,333ドルです。

iMac ProのCPU交換で2553ドル(277,996円)のものが264,000円で交換出来たわけですから今回のCPU価格の値下げで、理屈上では135,000円程度の追加で最高グレードの18コアを手にすることができることになります。

ベースの8コアも1万円弱安くなっていますし、SSD等の内蔵機器も価格が低下しています。現在の558,800円のベース価格も安くなる可能性も十分あります。

CatalinaのBeta版でAMD Navi RDNAがサポートされているのも、iMac Proに「Radeon RX 5700シリーズ」か「Radeon RX 5500シリーズ」が搭載される予定であれば辻褄があいます。

関連記事 : 発売直前のMac Pro 2019は発表されたスペックで本当に販売されるのか?

記事検索

人気記事

Apple MusicでHi-Res(ハイレゾ)音源をどのようにして見つけるか?また、Hi-Res(ハイレゾ)音源はデータ量が多いので注意が必要。


M1 MacとAVアンプを接続して空間オーディオを楽しむ「Macでサラウンド」


iPhone 15 Pro MAXのRIMOWA(リモワ)のケースのレビュー。なぜ、そこ変えなかったんですか?


バッファローの「Wi-Fi EasyMesh™」(メッシュ)環境を3台のBuffalo AirStationで構築。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


News

DVDFab13のApple silicon版がダウンロード可能に。


FFmpegのARM(AppleSilicon)版の6(バイナリ)が配布開始されています。


Public Betaユーザー向けに「macOS 13.3 Ventura」が配布されています(アップデート注意)


Apple macOS Ventura 13.2.1を配布開始。パイオニアのBlu-ray(ブルーレイ)接続問題が解消か?


Ventura (13.1から)13.2にアップデート後、IntelMacで外付けBD Driveを認識しない問題