デザイン事務所の現場から少し変わった目線でApple関連の情報を発信。

INTEL XEON W-2200シリーズのソケットは「FCLGA2066」。11月にiMac Proが値下げでリニューアルか?

MacPro 2019iMac

INTELのHPで情報が更新されています。XEON W-2200シリーズのソケットは「FCLGA2066」。MacPro搭載予定のW-3200の「FCLGA3647」とは異なるソケットのようです。

Mac Proはそのままのスペックで発売ですね。でも、、、割高、、、。

まあ、W-2100シリーズが「FCLGA2066」だったことを考えれば、当たり前なのですが、、、。

「FCLGA2066」ということはCore Xシリーズのi9やi7(Skylake-X、Skylake-X Refresh)と同じソケットということになりますね。

iMacに搭載されているCPUはCoffee Lake、Coffee Lake Refreshは「LGA1151」のソケットですので、これとはまた異なるラインになります。Mac miniの高性能のCPUは「Core i7-8700B」(モバイル、小型デスクトップ用)ですので、ソケットは「FCBGA1440」。これまた別ライン。

ん?そういえば「FCLGA2066」ってiMac Proのソケットじゃん!

ということはそんなに仕様変更の必要がないので、XEON W-2200シリーズがリリースされる11月には値段のお手頃なiMac Proがリニューアルされる可能性が一番高いという事な気がしてきました。

最高グレードのW-2195が2553ドルでW-2295が1,333ドルです。

iMac ProのCPU交換で2553ドル(277,996円)のものが264,000円で交換出来たわけですから今回のCPU価格の値下げで、理屈上では135,000円程度の追加で最高グレードの18コアを手にすることができることになります。

ベースの8コアも1万円弱安くなっていますし、SSD等の内蔵機器も価格が低下しています。現在の558,800円のベース価格も安くなる可能性も十分あります。

CatalinaのBeta版でAMD Navi RDNAがサポートされているのも、iMac Proに「Radeon RX 5700シリーズ」か「Radeon RX 5500シリーズ」が搭載される予定であれば辻褄があいます。

関連記事 : 発売直前のMac Pro 2019は発表されたスペックで本当に販売されるのか?

記事検索

News

Adobe Creative Cloud 2020のPs、Pr、Ae等のアップデートが配布されています。


MacOSの動画再生アプリ「IINA」の1.0.6のアップデータが配布されています


Adobe Creative Cloud 2020のAi、Pr、Ae等のアップデートが配布されています。


Firefox 72.0.1、Firefox Nightly 74


Carbon Copy Cloner 5.1.14のアップデータが配布されています。


人気記事

Boot CampのWindows10でeGPUが使えるように!


10G base-T Ethernetはどこまで使えるか


Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2


Mac mini 2018のオプションの10Gb Ethernetはのどぐらいの速度(実速)?


Boot Camp 更新プログラム6.1.10が配布されています。同時にAMDのHPからBoot Campのドライバも配布開始。新しいドライバはeGPUに対応したか?


新着記事

OCN 2020年6月から順次、IPv6インターネット接続機能(IPoE)を無料で利用できるサービスを開始!バッファローのWXR-5950AX12で早速体感。


テレワーク(ビデオ会議)時代のWiFi選び。WiFiの速度を実測。WiFi 5「5 GHz (11ac)」、WiFi 4「2.4 GHz (11n)」の特性を検証。


OSX Catalina(10.15.4)で不要になったコンテナを削除する方法(BootCamp等)。


Adobe After EffectsはCC 2020(17.04)で大幅にeGPUに対応?!したのか?


Apple Beta Software Program向けに「macOS Catalina 10.15.4 public beta 5」(ビルド19E258a)が配布されています。