デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

インストールできないのはわかっているが試してみる衝動は消せない。

MacPro

MacOS 10.15 CatalinaからMacPro 5.1はOSサポートから外れてしまいました。本来であればMojaveの時点でクリーンインストールができないにもか関わらず、インストールできた状況はAppleのMacProというマシンに対する思いのようなものを感じていました。

MacPro2019の登場とMacPro 5.1のOSサポート終了は世代交代の流れのような気がします。

まあ、それはともかく、「ベータ版だからもしかしてインストールできたりする?」などと訳のわからない欲望は消すことができなかったっす。インストーラーをクリックするだけだしね〜。

もちろんインストールはできないわけだが、すべてのディスクがブラックアウトされて、クリックしようとすると「このバージョンのmacOS 10.15は、このコンピュータにインストールできません。」すべてのディスクが表示されて暗転してるあたりが少しかっこいいな〜と思って記事にしてみました。

記事検索

人気記事

M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


Apple MusicでHi-Res(ハイレゾ)音源をどのようにして見つけるか?また、Hi-Res(ハイレゾ)音源はデータ量が多いので注意が必要。


Mac mini 2018のオプションの10Gb Ethernetはのどぐらいの速度(実速)?


新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


M1 PROとM1 MAXの最大メモリ帯域に関する考察。


News

Ventura (13.1から)13.2にアップデート後、IntelMacで外付けBD Driveを認識しない問題


MacBook Pro 2023モデル16インチと14インチでクロック数が違う?


MacBook Pro M2の512GBモデルはSSDの速度が遅い?


macOS 13 Ventura Public Beta 8、iOS 16.1 Public Beta 4が配布されています。


FFmpegのARM(AppleSilicon)版の5.1.1(バイナリ)が配布開始されています。