デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

インストールできないのはわかっているが試してみる衝動は消せない。

MacPro

MacOS 10.15 CatalinaからMacPro 5.1はOSサポートから外れてしまいました。本来であればMojaveの時点でクリーンインストールができないにもか関わらず、インストールできた状況はAppleのMacProというマシンに対する思いのようなものを感じていました。

MacPro2019の登場とMacPro 5.1のOSサポート終了は世代交代の流れのような気がします。

まあ、それはともかく、「ベータ版だからもしかしてインストールできたりする?」などと訳のわからない欲望は消すことができなかったっす。インストーラーをクリックするだけだしね〜。

もちろんインストールはできないわけだが、すべてのディスクがブラックアウトされて、クリックしようとすると「このバージョンのmacOS 10.15は、このコンピュータにインストールできません。」すべてのディスクが表示されて暗転してるあたりが少しかっこいいな〜と思って記事にしてみました。

記事検索

人気記事

Apple MusicでHi-Res(ハイレゾ)音源をどのようにして見つけるか?また、Hi-Res(ハイレゾ)音源はデータ量が多いので注意が必要。


M1 MacとAVアンプを接続して空間オーディオを楽しむ「Macでサラウンド」


iPhone 15 Pro MAXのRIMOWA(リモワ)のケースのレビュー。なぜ、そこ変えなかったんですか?


バッファローの「Wi-Fi EasyMesh™」(メッシュ)環境を3台のBuffalo AirStationで構築。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


News

DVDFab13のApple silicon版がダウンロード可能に。


FFmpegのARM(AppleSilicon)版の6(バイナリ)が配布開始されています。


Public Betaユーザー向けに「macOS 13.3 Ventura」が配布されています(アップデート注意)


Apple macOS Ventura 13.2.1を配布開始。パイオニアのBlu-ray(ブルーレイ)接続問題が解消か?


Ventura (13.1から)13.2にアップデート後、IntelMacで外付けBD Driveを認識しない問題