デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

インストールできないのはわかっているが試してみる衝動は消せない。

MacPro

MacOS 10.15 CatalinaからMacPro 5.1はOSサポートから外れてしまいました。本来であればMojaveの時点でクリーンインストールができないにもか関わらず、インストールできた状況はAppleのMacProというマシンに対する思いのようなものを感じていました。

MacPro2019の登場とMacPro 5.1のOSサポート終了は世代交代の流れのような気がします。

まあ、それはともかく、「ベータ版だからもしかしてインストールできたりする?」などと訳のわからない欲望は消すことができなかったっす。インストーラーをクリックするだけだしね〜。

もちろんインストールはできないわけだが、すべてのディスクがブラックアウトされて、クリックしようとすると「このバージョンのmacOS 10.15は、このコンピュータにインストールできません。」すべてのディスクが表示されて暗転してるあたりが少しかっこいいな〜と思って記事にしてみました。

記事検索

人気記事

新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


M1 MacとAVアンプを接続して空間オーディオを楽しむ「Macでサラウンド」


Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。車内で「Apple TV」はかなり使える。


Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使える?互換性あるの?


News

MacのCPU/GPUの性能を測れるベンチマークソフト「Geekbnech」の5.4.5アップデーターが配布されています。


新しい27インチMini LED搭載のディスプレイは10月発売か?


Anker、新しいUSB-CハブでM1 MacBookを3台の外部モニターに出力できると発表


macOS Monterey 12.5、iOS 15.6初のBeta版がパブリックベータユーザー向けにリリース


ISOファイルをダウンロード可能な「Windows 11 Insider Preview Build 25120」リリース。