デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

AdobeからIllustrator 26.0.1とAfterEffects(Beta)22.1.1のアップデートが配布されています。

NewsAdobe

Adobe CC AppからIllustrator 26.0.1とAfterEffects(Beta)22.1.1のアップデータが配布されています。


Illustratorの説明として「このアップデートには、web上でコメント用に共有する新しいコラボレーション機能、リアルなAsobe Substance 3Dマテリアルなど、拡張3D効果のテクノロジープレビュー、および製品サポートと学習リソースに即座にアクセスするための新しいアプリ内検索パネルが含まれています。」との記載があります。


AfterEffects(Beta)に関しては「Adobe Media Encoderでの書き出しを高速化(Media EncoderおよびPremiere ProからDynamic Link経由でレンダリングされたAEコンポジションに対して、マルチフレームレンダリングを可能にします。)。3Dビンアイコン開発中(新しい 3D レイヤースイッチアイコンにより、同じビンの中でどの 3D レイヤが一緒にレンダリングされるかを簡単に確認できるようになりました。同じビンの中のレイヤーは、3Dで交差したり、影を落としたり、相互に作用します。同じビンに入っていないレイヤーは、別々の2Dレイヤーとしてレンダリングされ、一緒に合成されます。新しいアイコンは、合成レイヤーの構造だけでなく、2Dレイヤーと3Dレイヤーの両方を含む折りたたまれたプリコンなど、より複雑なケースも表示します。)。」との記述がありました。

AfterEffects(Beta)に関しては未だに使えない機能も多く、今後の開発が期待される仕様のままでした。


記事検索

人気記事

Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2


M1 PROとM1 MAXの最大メモリ帯域に関する考察。


M1 MacとAVアンプを接続して空間オーディオを楽しむ「Macでサラウンド」


Mac mini 2018のオプションの10Gb Ethernetはのどぐらいの速度(実速)?


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


News

Parallels Desktopの17.1.1(5137)のアップデートが配布されています。


「Amazon ブラックフライデー」も残すところ後2日になりました。みなさんは買い忘れは大丈夫ですか?


バッファーロー、フラッグシップモデルのWXR-5950AX12、WXR-6000AX12Sのファームウェアアップデートで「Wi-Fi EasyMesh™」に対応


11月19日発売のDENON AVR-X1700Hのファームウェアが配布開始。


Netflix、視聴率トップ10を表示する新しいランキングサイトを開設