デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

新しい27インチMini LED搭載のディスプレイは10月発売か?

NewsDisplay

快科技によると6月のWWDCで発表される予定だったミニLEDバックライトを搭載した新しいStudio Displayですが、Appleのディスプレイの生産がサプライヤーのコロナの影響や半導体の不足によって10月に延期されるとのこと。

新しい27インチのMini LEDディスプレイは、最大120Hzの可変リフレッシュレートに対応すると言われており、もしかしたら実際に「Studio Display Pro」となるのかもしれません。ただ、価格は今のStudio Displayと変わらない価格になりそうだそうです。

そうなると、カメラに不具合を抱えている現在のStudio Displayは非常に短命な製品になってしまうのかもしれません。予想の通りにミニLEDバックライト(現在はLEDバックライト)でPro Motion(ハイリフレッシュレート)を採用すれば大変魅力のある製品に生まれ変わると思います。

記事検索

人気記事

Apple MusicでHi-Res(ハイレゾ)音源をどのようにして見つけるか?また、Hi-Res(ハイレゾ)音源はデータ量が多いので注意が必要。


M1 MacとAVアンプを接続して空間オーディオを楽しむ「Macでサラウンド」


iPhone 15 Pro MAXのRIMOWA(リモワ)のケースのレビュー。なぜ、そこ変えなかったんですか?


バッファローの「Wi-Fi EasyMesh™」(メッシュ)環境を3台のBuffalo AirStationで構築。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


News

DVDFab13のApple silicon版がダウンロード可能に。


FFmpegのARM(AppleSilicon)版の6(バイナリ)が配布開始されています。


Public Betaユーザー向けに「macOS 13.3 Ventura」が配布されています(アップデート注意)


Apple macOS Ventura 13.2.1を配布開始。パイオニアのBlu-ray(ブルーレイ)接続問題が解消か?


Ventura (13.1から)13.2にアップデート後、IntelMacで外付けBD Driveを認識しない問題