デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

WWDC22の招待状。めがね?AR/VRヘッドセット?5色?MacBook Air?Mac Proが最有力候補。

News

WWDCでは新製品の発表があるか?

すでにTwitter等では盛り上がりを見せていますが、5月25日の朝早くAppleからWWDC22の公式招待状が公開され、オンライン形式で「Get in place on the code」をテーマに開催することが正式に発表されました。

ポスターには5色の横顔のシルエットが描かれており、”メガネをかけた人間の顔がある、Appleのメガネ(AR/VRヘッドセット)を示唆している?”というユーザーもいました。 また、”5色の顔が違うということは、カラフルなMacBook Air?”という憶測もありました。

しかし、アップルの招待状には「アップルの最新のソフトウェアとテクノロジーのリリースを垣間見よう」と書かれています。 ハードウェアの発表はないかもしれませんが、一部のブロガーは、M1シリーズの最終製品であるMac Proがこのイベントで発表されるかもしれないと推測しています。

なにか製品が発表されるにしろしないにしろ、WWDC22の開催が待ち遠しいです。近年では2017年のWWDCではiMac Proが発表されて事もありました。

そうか、ソフトバンクがiPhoneを独占販売していた頃はiPhoneもWWDCで発表されていたんですね〜。懐かしい。


WWDCの過去のハードウェアの発表は以下

1998年 – ボンダイブルー iMac
2002年 – Xserve
2003年 – Power Mac G5とiSight
2004年 – 30インチのApple Cinema HD Display
2005年 – Intel Macへの移行
2006年 – Intel XserveとMac Pro
2008年 – iPhone 3G
2009年 – iPhone 3GS
2010年 – iPhone 4
2012年 – Retinaディスプレイ搭載MacBook Pro
2013年 – 円筒形デザインのMac Pro
2017年 – 10.5インチのiPad Pro、iMac Pro、HomePod
2019年 – Mac Pro, Apple Pro Display XDR
2020年 – MacのAppleシリコンへの移行発表


記事検索

人気記事

新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使える?互換性あるの?


バッファローの「Wi-Fi EasyMesh™」(メッシュ)環境を3台のBuffalo AirStationで構築。


News

Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。


Anker Nano llシリーズ初の100W出力。 2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載したAnker 736 Chargerを発売。


macOS Monterey 12.5 Beta 4がPublic Betaユーザーに配布されています。最後のアップデートのひとつになるか?


FFmpegのフロントエンド「ff·Works 3.0.6」のアップデータが配布されています。


macOS Monterey 12.5、iOS 15.6のBeta 3がPublic Betaユーザーに配布されています。次期OSのBeta版の公開も目前か?