デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

iPhone 14の価格(値段)とデザインが判明か。

News

Proモデルで100ドル値上げ

快科技によると新しいiPhone 14は4ラインナップで「6.1インチのiPhone 14」、「6.7インチのiPhone 14 Max」、「6.1インチのiPhone 14 Pro」、「6.7インチのiPhone 14 Pro Max」となり。

価格は799ドル、899ドル、1099ドル、1199ドルからの価格設定となるようです。

現在はiPhone 13 mini、iPhone 13、iPhone 13 Pro 、iPhone Pro Maxで699ドル、799ドル、999ドル、1099ドルとなっていますのでiPhone 14はお値段据え置きでProは100ドルづつ値段が高くなっているようです。


日本での販売価格はどうなるか?

為替の影響が大きいのでなかなか先を読むことはできませんが。、5月26日現在で考えるとiPhone 14が101,800円、iPhone Maxが113,800円、iPhone 14 Proが139,800円、iPhone Pro Maxで151,800円辺りになってくるのではないでしょうか。

Proモデルで122,800円→139,800円 Pro Maxで134,800円→151,800円とかなりの値上がりが予想されます。

iPhone 14は価格が微増で収まりそうです。


iPhone 14 Proのデザインについて


カメラ面はフラットなデザインとして登場する予想もありましたが、現在のiPhone 13とほぼ変わらないデザインでカメラ部分が大きくなるようです。また、Proモデルは前面がノッチ形状からホール形式に変わるようです。この辺りは14 Proであることをアピールできる唯一のポイントになってきそうですね。

かなり多くのサイトで同様の報道がなされているところを見ると上記のような形で発売されるのは確定のようです。

記事検索

人気記事

M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


M1 PROとM1 MAXの最大メモリ帯域に関する考察。


新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使える?互換性あるの?


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


News

Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。


Anker Nano llシリーズ初の100W出力。 2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載したAnker 736 Chargerを発売。


macOS Monterey 12.5 Beta 4がPublic Betaユーザーに配布されています。最後のアップデートのひとつになるか?


FFmpegのフロントエンド「ff·Works 3.0.6」のアップデータが配布されています。


macOS Monterey 12.5、iOS 15.6のBeta 3がPublic Betaユーザーに配布されています。次期OSのBeta版の公開も目前か?