デザイン事務所の現場から少し変わった目線でApple関連の情報を発信。

「ファイル消しても容量増えないんだけど?」という話が最近多い。

その他

「ファイル消して(削除しても)もMacの容量増えないんだけど?」という話が最近多い。先日も友達のデザイン事務所から電話がかかってきた。

犯人はやつら(iPhone、iPad)のバックアップファイルのケースが結構多いです。容量がどんどん増えてますもんね。iPad Proの1Tなんてフルで使っていたら私の環境ではバックアップとれませんwww。

iPhone、iPadの容量が使ってるMacよりも多いなんて方もいますよね。

確かめる方法は画面の左上にあるリンゴマークから「このマックについて」を選んで「ストレージ」のタグを押してみてください。どの種類のファイルが多く使われているかがグラフで表示されます。カーソルあてるとその内容が表示されます。バックアップはiOSファイルと表示されます(下画像)。

右側(下画像)はiTunesでiPhoneのバックアップを取っていないもの、左側(下画像)はiPhoneで1度だけバックアップをとった状態のもの。iPhoneは100Gぐらい使用している状態のものです。50GBぐらい一気に容量が減っていますね。128GBのMacBook Airだと半分がバックアップにとられてしまいます。

毎週バックアップ取ってるなんて方は結構ゴミがたまっています。200GB以上これで消費しているケースを何度も見かけました。

iTunesの環境設定のデバイスから右クリック(control + クリック)で削除が可能。

アップルの公式のサポートの「iPhone、iPad、iPod touch のバックアップを探す」に詳しく書いてあるので読んでみてください。

一番問題なのが、バックアップを取ろうとした場合に起動ディスクに容量が無くてバックアップが取れないことでしょうか。解決策は少ないですね。

  • iCloudのストレージプランに入り、クラウドにバックアップを作る(有料)
  • 外付けのストレージを購入してそこにMac OSを入れる。バックアップの時にはこれから起動する(万が一の起動ディスクにもなりますし。かなり面倒すね。)

起動ディスクにバックアップを取る容量のある方で容量を節約したい方は

  • iPhone、iPadのバックアップをとり、TimeMachineがバックアップしたことを確認したら、iTunesから削除。
  • バックアップしたデータを別のデバイスに移動して保管

記事検索

News

iOS 14.2 パブリックベータ2、Big Sur Beta9 11.0が配布されています。


iOS 14.2 Public Betaが配布されています。


Big Sur パブリックベータ8(20A5374i)が配布開始


Adobe Creative Cloud 2020のPs、Pr、Ae等のアップデートが配布されています。


MacOSの動画再生アプリ「IINA」の1.0.6のアップデータが配布されています


人気記事

Boot CampのWindows10でeGPUが使えるように!


10G base-T Ethernetはどこまで使えるか


Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2


Boot Camp 更新プログラム6.1.10が配布されています。同時にAMDのHPからBoot Campのドライバも配布開始。新しいドライバはeGPUに対応したか?


Mac mini 2018のオプションの10Gb Ethernetはのどぐらいの速度(実速)?


新着記事

起動音が復活した「Big Sur」のパブリックベータ版を一足先にプレビュー(デザインの現場で実際に使用してみる)


ついに帰って来た!Boot Camp上のWindows 10 Version 20H2(Windows Insider Program)でeGPUが使えるように!


OCN 2020年6月から順次、IPv6インターネット接続機能(IPoE)を無料で利用できるサービスを開始!バッファローのWXR-5950AX12で早速体感。


テレワーク(ビデオ会議)時代のWiFi選び。WiFiの速度を実測。WiFi 5「5 GHz (11ac)」、WiFi 4「2.4 GHz (11n)」の特性を検証。


OSX Catalina(10.15.4)で不要になったコンテナを削除する方法(BootCamp等)。