デザイン事務所の現場から少し変わった目線でApple関連の情報を発信。

Thunderbolt3ケーブルは長さで転送速度が変わるのか?

Thunderbolt3

Thunderbolt3ケーブルは非アクティブ、アクティブケーブルとに分類されるます。アクティブケーブルは40Gbpsでの通信を2mでも可能とし、非アクティブケーブルは70cmぐらいを境としてそれ以上の長さでは20Gbpsの通信速度となるようです。

長めのケーブルを購入する際には、表記をよく読んで用途に合ったケーブルをご購入ください。1mや2mのThunderbolt3ケーブル(20Gbps)というものもありますので、価格だけではなく環境にあったケーブルを選ぶ必要があるようです。

ただ、SATAベースのSSDを外付けのケースで使うだけの場合は20Gbpsで十分でしょう。同じ長さでも20Gbpsのものと40Gbpsのものだと価格が倍ぐらい違います。

わたしの知る限りではThunderbolt3ケーブルは2mを上限としているようで、配置もうまく考えないと、2mでも取り回しには苦労します。

私は「Cable Matters Activeタイプ Thunderbolt 3 ケーブル サンダーボルト 3 ケーブル 40 Gbps」「Sonnet 50cm Thunderbolt 3」しか持っていませんので今回の実験は長さによる比較ということになります。

Sonnetの「Echo Express III」というThunderbolt3で接続でPCIeカードを3枚使用できる拡張ボックスに玄人志向の「M.2-PCIe」を利用してSSDの速度を測定しました。M.2規格(Type.M)のSSDはWD BLACKです。

かなりマニアックな商品ですね、、、。

Blackmagic Disk Speed Testで測定した結果

ほぼ同じ数値でした。

AmorphousDiskMarkで測定した結果

こちらも誤差の範囲と言っていいのでは無いでしょうか。スピードの関しては「AmorphousDiskMark」の方が「Blackmagic Disk Speed Test」よりも甘めの数字が出るようです。

20GbpsのThunderbolt3ケーブルだとおそらく2,000MB/sに届かない数字になるのでは?と推測しています。

アクティブタイプのThunderbolt3ケーブルを選択すれば2mでの使用でも速度低下は無いという事がわかりました。

記事検索

News

Final Cut Pro 10.6のアップデートが配布されています。


パブリックベータユーザー向けにmacOS Monterey 12.0.1、iOS 15.1、iPadOS 15.1、watchOS 8.1、tvOS 15.1を配布しています。


Denon(デノン)のAVアンプの入門機 AVR-X550BTがアマゾンで20,000円(24% OFF)で販売。


デノン、7.2chAVアンプの新モデル「AVR-X1700H」を11月下旬に発売予定。


iOS 15.1、watchOS 8.1、tvOS 15.1の Public Beta 4をパブリックベータ登録ユーザーに配布しています。


人気記事

Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2


Mac mini 2018のオプションの10Gb Ethernetはのどぐらいの速度(実速)?


OSX Catalina(10.15.4)で不要になったコンテナを削除する方法(BootCamp等)。


10G base-T Ethernetはどこまで使えるか


M1 MacとAVアンプを接続して空間オーディオを楽しむ「Macでサラウンド」


新着記事

Macでサラウンドを再生するその前に「Audio MIDI設定を変更する」が必要です。


新型MacBook Proの発表に関して思うこと(M1 Mac mini 8Gモデルをメインで使用した感想)。


Apple TV 4Kと5.1chアンプ(Dolby Atmosに対応していない)接続時の「空間オーディオ」の再生がうまくいかない問題とその回避方法。


「Macでサラウンド」MacとAVアンプを接続して「サラウンド」を体感しよう(基礎編)


Ankerの87Wモバイルバッテリー(Anker PowerCore III Elite 25600)は外出先でどのぐらいの時間使えるか実験。