デザイン事務所の現場から少し変わった目線でApple関連の情報を発信。

Thunderbolt3ケーブルは長さで転送速度が変わるのか?

Thunderbolt3

Thunderbolt3ケーブルは非アクティブ、アクティブケーブルとに分類されるます。アクティブケーブルは40Gbpsでの通信を2mでも可能とし、非アクティブケーブルは70cmぐらいを境としてそれ以上の長さでは20Gbpsの通信速度となるようです。

長めのケーブルを購入する際には、表記をよく読んで用途に合ったケーブルをご購入ください。1mや2mのThunderbolt3ケーブル(20Gbps)というものもありますので、価格だけではなく環境にあったケーブルを選ぶ必要があるようです。

ただ、SATAベースのSSDを外付けのケースで使うだけの場合は20Gbpsで十分でしょう。同じ長さでも20Gbpsのものと40Gbpsのものだと価格が倍ぐらい違います。

わたしの知る限りではThunderbolt3ケーブルは2mを上限としているようで、配置もうまく考えないと、2mでも取り回しには苦労します。

私は「Cable Matters Activeタイプ Thunderbolt 3 ケーブル サンダーボルト 3 ケーブル 40 Gbps」「Sonnet 50cm Thunderbolt 3」しか持っていませんので今回の実験は長さによる比較ということになります。

Sonnetの「Echo Express III」というThunderbolt3で接続でPCIeカードを3枚使用できる拡張ボックスに玄人志向の「M.2-PCIe」を利用してSSDの速度を測定しました。M.2規格(Type.M)のSSDはWD BLACKです。

かなりマニアックな商品ですね、、、。

Blackmagic Disk Speed Testで測定した結果

ほぼ同じ数値でした。

AmorphousDiskMarkで測定した結果

こちらも誤差の範囲と言っていいのでは無いでしょうか。スピードの関しては「AmorphousDiskMark」の方が「Blackmagic Disk Speed Test」よりも甘めの数字が出るようです。

20GbpsのThunderbolt3ケーブルだとおそらく2,000MB/sに届かない数字になるのでは?と推測しています。

アクティブタイプのThunderbolt3ケーブルを選択すれば2mでの使用でも速度低下は無いという事がわかりました。

記事検索

News

iOS 14.2 パブリックベータ2、Big Sur Beta9 11.0が配布されています。


iOS 14.2 Public Betaが配布されています。


Big Sur パブリックベータ8(20A5374i)が配布開始


Adobe Creative Cloud 2020のPs、Pr、Ae等のアップデートが配布されています。


MacOSの動画再生アプリ「IINA」の1.0.6のアップデータが配布されています


人気記事

Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2


OSX Catalina(10.15.4)で不要になったコンテナを削除する方法(BootCamp等)。


ついに帰って来た!Boot Camp上のWindows 10 Version 20H2(Windows Insider Program)でeGPUが使えるように!


Boot Camp 更新プログラム6.1.10が配布されています。同時にAMDのHPからBoot Campのドライバも配布開始。新しいドライバはeGPUに対応したか?


10G base-T Ethernetはどこまで使えるか


新着記事

MacとNVMe M.2 SSDの相性問題(USB3.1 gen 2 ケース)


アマゾンで899円の「M.2ヒートシンク合金アルミニウムNGFFヒートシンク」を買ってみた。


MacとNVMe M.2 SSDの相性問題(CrucialのP5をMacで使う場合は要注意)


デザイン事務所のMac環境でRAID機器は必要か。


OWC Envoy Express(Thunderbolt 3 NVME M.2 SSDケース)を使ってみた。