デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

Thunderbolt3ケーブルは長さで転送速度が変わるのか?

Thunderbolt3

Thunderbolt3ケーブルは非アクティブ、アクティブケーブルとに分類されるます。アクティブケーブルは40Gbpsでの通信を2mでも可能とし、非アクティブケーブルは70cmぐらいを境としてそれ以上の長さでは20Gbpsの通信速度となるようです。

長めのケーブルを購入する際には、表記をよく読んで用途に合ったケーブルをご購入ください。1mや2mのThunderbolt3ケーブル(20Gbps)というものもありますので、価格だけではなく環境にあったケーブルを選ぶ必要があるようです。

ただ、SATAベースのSSDを外付けのケースで使うだけの場合は20Gbpsで十分でしょう。同じ長さでも20Gbpsのものと40Gbpsのものだと価格が倍ぐらい違います。

わたしの知る限りではThunderbolt3ケーブルは2mを上限としているようで、配置もうまく考えないと、2mでも取り回しには苦労します。

私は「Cable Matters Activeタイプ Thunderbolt 3 ケーブル サンダーボルト 3 ケーブル 40 Gbps」「Sonnet 50cm Thunderbolt 3」しか持っていませんので今回の実験は長さによる比較ということになります。

Sonnetの「Echo Express III」というThunderbolt3で接続でPCIeカードを3枚使用できる拡張ボックスに玄人志向の「M.2-PCIe」を利用してSSDの速度を測定しました。M.2規格(Type.M)のSSDはWD BLACKです。

かなりマニアックな商品ですね、、、。

Blackmagic Disk Speed Testで測定した結果

ほぼ同じ数値でした。

AmorphousDiskMarkで測定した結果

こちらも誤差の範囲と言っていいのでは無いでしょうか。スピードの関しては「AmorphousDiskMark」の方が「Blackmagic Disk Speed Test」よりも甘めの数字が出るようです。

20GbpsのThunderbolt3ケーブルだとおそらく2,000MB/sに届かない数字になるのでは?と推測しています。

アクティブタイプのThunderbolt3ケーブルを選択すれば2mでの使用でも速度低下は無いという事がわかりました。

記事検索

人気記事

新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使える?互換性あるの?


バッファローの「Wi-Fi EasyMesh™」(メッシュ)環境を3台のBuffalo AirStationで構築。


News

Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。


Anker Nano llシリーズ初の100W出力。 2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載したAnker 736 Chargerを発売。


macOS Monterey 12.5 Beta 4がPublic Betaユーザーに配布されています。最後のアップデートのひとつになるか?


FFmpegのフロントエンド「ff·Works 3.0.6」のアップデータが配布されています。


macOS Monterey 12.5、iOS 15.6のBeta 3がPublic Betaユーザーに配布されています。次期OSのBeta版の公開も目前か?