デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

Boot Camp 更新プログラム6.1.10が配布されています。同時にAMDのHPからBoot Campのドライバも配布開始。新しいドライバはeGPUに対応したか?

eGPUBOOTCAMP

Boot Camp 更新プログラム6.1.10が配布されています。同時にAMDのHPからBoot Campのドライバも配布開始されています。基本的には同じものだと思われます。

AMDのHPから 配布されているドライバはMacPro 2019用とMacBook Pro 16インチ用のドライバが新着でその他のドライバは1つにまとめられています。

現在ボブズマックではWindows InsiderプログラムでNovember 2019 Updateを実験的にアップデートした兼ね合いでBoot Camp + eGPU環境は使えない状態になっています。

新しいドライバはもしかしてeGPU対応の可能性も?と心躍らせながらアップデートをインストールしました。

とりあえずはeGPUを外した状態でインストールして再起動。その後にThunderbolt3端子にeGPUを接続してみます。

なんと!Radeon VIIを認識して再起動を促すコメントが!

再起動するしかない!と再起動してみました。

が、、、、。

結果、eGPUは認識されませんでした。

でも、Thunderbolt接続のeGPUを認識まではしたということは、今後のアップデートで正式に対応する可能性を少し予感させてくれました。

ブルーのイメージに変わりかっこよくなりました。

現状はMacBook Pro 2018(Vega20)でしか実験していませんので、もしかしたらMacMini等のGPUを内蔵していないマシンだと稼働する?!なんてこともあるのかもしれません。

追記:eGPUを接続した状態でも起動して内臓のVega20を認識しているようです。Windowsを使用する際にThunderbolt端子からケーブルを全て抜き去る必要がなくなったのは少し朗報ですね。

記事検索

人気記事

M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


Apple MusicでHi-Res(ハイレゾ)音源をどのようにして見つけるか?また、Hi-Res(ハイレゾ)音源はデータ量が多いので注意が必要。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


M1 PROとM1 MAXの最大メモリ帯域に関する考察。


News

MacBook Pro 2023モデル16インチと14インチでクロック数が違う?


MacBook Pro M2の512GBモデルはSSDの速度が遅い?


macOS 13 Ventura Public Beta 8、iOS 16.1 Public Beta 4が配布されています。


FFmpegのARM(AppleSilicon)版の5.1.1(バイナリ)が配布開始されています。


Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。