デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

Adobe After EffectsはCC 2020(17.04)で大幅にeGPUに対応?!したのか?

AdobeeGPU

After Effects作業中、久しぶりにアクティビティモニタを開いてみました。

あれれ?eGPU(Radeon VII)の使用率がぐっと上がっている!ではないですか。これは期待できる!!ついにAdobeのソフトもeGPUの機能がフル活用できる日が来たのか!!

結論を出す前に、まずは実験。

同じeGPU接続で使用しているRadeon VIIでAdobe After Effects CC 2019とAdobe After Effects CC 2020(17.04)のレンダリング時のアクティビティモニタのeGPU使用率の比較。

確かに、以前の2019と2020を比較すると大幅に使用率は上がっています。期待できそうですね。

でも、ちょっとまって?横幅増えてない?

そうなんです。実際のレンダリング時間を比較した図が以下です。

Radeon VIIのCC 2020以外は全てCC 2019の同一環境で測定

OSがMojaveからCatalinaに変わっていますし、環境比較として全く同じではありません。実際2020のバージョンでVega 20でレンダリングした場合は

では、気を取り直して内蔵のVega 20でAdobe After Effects CC 2020(17.04)のレンダリング速度を測定してみます。

Adobe After Effects CC 2020(17.04)ではどうやらレンダリング時間が長くなっているようです。

どちらにしても、eGPUがAdobe After Effects CC 2020(17.04)においてのレンダリング速度にはメリットがある状況ではないようです。

作業をしている感じでは、以前より快適に作業ができている気がしますので、今後に期待というところでしょうか。

記事検索

人気記事

Apple MusicでHi-Res(ハイレゾ)音源をどのようにして見つけるか?また、Hi-Res(ハイレゾ)音源はデータ量が多いので注意が必要。


M1 MacとAVアンプを接続して空間オーディオを楽しむ「Macでサラウンド」


iPhone 15 Pro MAXのRIMOWA(リモワ)のケースのレビュー。なぜ、そこ変えなかったんですか?


バッファローの「Wi-Fi EasyMesh™」(メッシュ)環境を3台のBuffalo AirStationで構築。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


News

DVDFab13のApple silicon版がダウンロード可能に。


FFmpegのARM(AppleSilicon)版の6(バイナリ)が配布開始されています。


Public Betaユーザー向けに「macOS 13.3 Ventura」が配布されています(アップデート注意)


Apple macOS Ventura 13.2.1を配布開始。パイオニアのBlu-ray(ブルーレイ)接続問題が解消か?


Ventura (13.1から)13.2にアップデート後、IntelMacで外付けBD Driveを認識しない問題