デザイン事務所の現場から少し変わった目線でApple関連の情報を発信。

Adobe After EffectsはCC 2020(17.04)で大幅にeGPUに対応?!したのか?

AdobeeGPU

After Effects作業中、久しぶりにアクティビティモニタを開いてみました。

あれれ?eGPU(Radeon VII)の使用率がぐっと上がっている!ではないですか。これは期待できる!!ついにAdobeのソフトもeGPUの機能がフル活用できる日が来たのか!!

結論を出す前に、まずは実験。

同じeGPU接続で使用しているRadeon VIIでAdobe After Effects CC 2019とAdobe After Effects CC 2020(17.04)のレンダリング時のアクティビティモニタのeGPU使用率の比較。

確かに、以前の2019と2020を比較すると大幅に使用率は上がっています。期待できそうですね。

でも、ちょっとまって?横幅増えてない?

そうなんです。実際のレンダリング時間を比較した図が以下です。

Radeon VIIのCC 2020以外は全てCC 2019の同一環境で測定

OSがMojaveからCatalinaに変わっていますし、環境比較として全く同じではありません。実際2020のバージョンでVega 20でレンダリングした場合は

では、気を取り直して内蔵のVega 20でAdobe After Effects CC 2020(17.04)のレンダリング速度を測定してみます。

Adobe After Effects CC 2020(17.04)ではどうやらレンダリング時間が長くなっているようです。

どちらにしても、eGPUがAdobe After Effects CC 2020(17.04)においてのレンダリング速度にはメリットがある状況ではないようです。

作業をしている感じでは、以前より快適に作業ができている気がしますので、今後に期待というところでしょうか。

記事検索

News

Adobe Creative Cloud 2020のPs、Pr、Ae等のアップデートが配布されています。


MacOSの動画再生アプリ「IINA」の1.0.6のアップデータが配布されています


Adobe Creative Cloud 2020のAi、Pr、Ae等のアップデートが配布されています。


Firefox 72.0.1、Firefox Nightly 74


Carbon Copy Cloner 5.1.14のアップデータが配布されています。


人気記事

Boot CampのWindows10でeGPUが使えるように!


Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2


Boot Camp 更新プログラム6.1.10が配布されています。同時にAMDのHPからBoot Campのドライバも配布開始。新しいドライバはeGPUに対応したか?


10G base-T Ethernetはどこまで使えるか


eGPUがやってきた!その2 GPU比較(Vega 20 vs Radeon RX 580 vs Radeon VII)


新着記事

OCN 2020年6月から順次、IPv6インターネット接続機能(IPoE)を無料で利用できるサービスを開始!バッファローのWXR-5950AX12で早速体感。


テレワーク(ビデオ会議)時代のWiFi選び。WiFiの速度を実測。WiFi 5「5 GHz (11ac)」、WiFi 4「2.4 GHz (11n)」の特性を検証。


OSX Catalina(10.15.4)で不要になったコンテナを削除する方法(BootCamp等)。


Adobe After EffectsはCC 2020(17.04)で大幅にeGPUに対応?!したのか?


Apple Beta Software Program向けに「macOS Catalina 10.15.4 public beta 5」(ビルド19E258a)が配布されています。