デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

ついに帰って来た!Boot Camp上のWindows 10 Version 20H2(Windows Insider Program)でeGPUが使えるように!

eGPUThunderbolt3BOOTCAMP

過去の記事でeGPUがWindows10で使えるようになったとの記事を書きました。しかし使えたのは「Windows10 1903」のひとときの間でした。

Windowsのアップデートが出る度に、eGPUをThunderbolt3で接続して実験を続けてきました。

先日は外付けのモニタに表示が出るもフリーズして撃沈しました。でも、表示が出るという前向きな変化もあったので、期待感をもってはいました。

ついに2020年9月21日にeGPU in BootCamp環境が復活です(笑)

まずは動画をご覧ください。

動作環境は前回と同じで

MacBookPro(15-inch, 2018、2.9 GHz Intel Core i9、メモリ32 GB、Radeon Pro Vega 20)、eGPU(eGFX Breakaway Box 650)でBENQ PD3200Uに4K接続。Radeon VII(MSI RADEON VII 16G

ではどうすれば使えるようになったかを解説します。

まずはWindows 10 Version 20H2(要Windows Insider Program登録)にアップデートします。この際にAMDのドライバアップデートも同時にアップデートされます。

注意が必要なのはアップデートをしている際はMacで使えるThunderboltの機器、USB機器は外した状態でアップデートします。再起動がかかり無事にアップデートが終了します。

次にeGPUが接続されたThunderbolt3ケーブルを接続します。

ここで、外付けのモニタにも画像は表示されますが、キーボードを含めてフリーズした状態になります。

しばらく、放置しておくと、MacBook Proの画面が暗転します(電源ボタンを軽く触ると画面復活しますが、どのキーを押しても反応なしのフリーズ状態)

下に理由は書きますが、この放置する事が重要で、回線環境にもよるのですが5分ぐらいは我慢して強制終了させたい気持ちを我慢してください。

このなんとも言えない時間にWindowsがeGPUを認識してドライバを自動的にインストールしているみたいなんですよね。下の写真を見てもらえればわかりますがダウンロード元は「ウィンドウズストア」となっています。

次に、電源ボタンを長押しして強制的にウインドウズを終了させます。

強制終了後に起動して、うまくドライバがインストールされていると「通知」に上の画像ような画面が表示されます。

左下のびろーんと出るやつからAMD Radeon Softwareのアプリを起動させてみると問題なく起動されました。

今までのうまくいかない状態の時にはAMDのドライバを立ち上げると「このドライバはこの機器には対応していない」ような故のメッセージが出ていました。

そういう意味では、AMDのアプリがeGPU接続状態で起動することだけでも感動モノです。

Radeon VIIを認識している画面を見るとなおさら感動がありました。

前回の使用可能な状況では「AMD Radeon Setting Lite」という謎ソフトがインストールされることによってeGPU環境が構築されていましたが、今回は通常の「AMD Radeon Software」で起動しているというところが、今後も引き続いて使えそうな可能性を示唆している気もします。

現状考えられる注意点

  • ただ、初回の接続時に普通に使用できるわけではない為、意図して組み込んでいる訳ではない(デフォルトとして使える状況ではない)。
  • AMDとしてはAppleの問題でなので、弊社としては対応のしようが無いとのコメントしていて、BootCamp向けのドライバが更新され使えるようになった訳ではない。
  • BootCampとMac OSとの依存は関係ないと思われるが、現在の私の環境はBig Surのパブリックベータ 11.0 Beta(20A5364e)
  • とはいえ、AMDドライバのダウンロード元は前回と同じ「ウィンドウズストア」なので、一時的な成功の可能性も(ただ、今回はAMD Radeon Softwareであるし、前回のように2重にドライバが入っている状況でもない)。
  • Windows Insider ProgramでのBetaプログラムだからできている可能性も高い。前回の1903で利用できたときもインサーダープログラムのバージョンだった。

引き続き、見守っていこうとは思いますが、とりあえず、ソースコード等を触ること無く使用できる状況ができたので、取り急ぎの報告です。

上記の方法で私同様にうまくいった方の中でBootCamp環境でeGPUを使ってAMDのグラフィックカードをコレからも使いたい方へ!

このままの状況を維持して、今後はWindowsのアップデートをしない様にしてください。

これ重要です。昨年の6月にうまくいって以来、しばらくの間(少なくとも1年間)はeGPUが使えない期間が続いていました。私も心の中ではWindows 10 1903バージョンのままアップデートしないでWindowsのゲームの世界を引き続き楽しみたかった。というのが本音です。うまくまくいっている今だからこそ、この環境を維持し続けるのです!

私が人柱としてアップデートをし続けていきます。引き続き当ブログを覗いてやってください。

明日は久しぶりにBootCampのWindows環境でeGPUの性能チェックの為にベンチマーク祭りして楽しみます。

※急ぎの執筆ですので、今後加筆修正する可能性がありま〜す!

記事検索

人気記事

新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使える?互換性あるの?


バッファローの「Wi-Fi EasyMesh™」(メッシュ)環境を3台のBuffalo AirStationで構築。


News

Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。


Anker Nano llシリーズ初の100W出力。 2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載したAnker 736 Chargerを発売。


macOS Monterey 12.5 Beta 4がPublic Betaユーザーに配布されています。最後のアップデートのひとつになるか?


FFmpegのフロントエンド「ff·Works 3.0.6」のアップデータが配布されています。


macOS Monterey 12.5、iOS 15.6のBeta 3がPublic Betaユーザーに配布されています。次期OSのBeta版の公開も目前か?