デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

Apple MusicでHi-Res(ハイレゾ)音源をどのようにして見つけるか?また、Hi-Res(ハイレゾ)音源はデータ量が多いので注意が必要。

Hi-ResAudio

Apple MusicでHi-Res音源をどのようにして見つけるか?という事ですが「Special Audio(空間オーディオ)」はAppleが独自にプレイリストを作ってくれていますが、Hi-Resはどうもそうではないようなので見つけるのが難しいです。

ハイレゾ対応の音源かどうかを確認するのは簡単です。自分の聴きたい曲を選択して「Apple Musicで表示」すると曲名の下にあるマークで判断が可能です。

曲を下のように表示すると「Hi-Res Lossless」のマークが出ます。このマークがある曲はハイレゾ対応です。

なかには「Apple Digital Masters」マークがつく曲もあります。こちらはAppleがアップルミュージックに最適化した曲である証のマークだそうです。


ハイレゾで再生できている際はここにロスレスマークが表示され、クリックするとハイレゾで再生されている場合はこのように「ハイレゾロスレス」表示がでます。

おすすめのプレイリストはこちらです。

洋楽ですがStephen Chamberさんがプレイリスト(Hi-Res Lossless Audio)を作ってくれているのでここから始めるのが良いかと思います。300曲程度あり洋楽の名曲がジャンル問わず入っています。

とりあえずHi-Resを楽しみたいと言う方にはおすすめです。私はのプレイリストで結構楽しめています。


Hi-Res音源はデータ量が多いので注意が必要です。

上記はライブ盤とアルバムなので音源の長さやデーター量には差があるもののHi-Res(ハイレゾ)音源とLossless(ロスレス)のデーター量の差は5倍ぐらいあります。CDに2〜3曲しかはいらない容量です。

上記のプレイリスト300曲(22時間5分)をダウンロードしたのですが、SSDの容量がみるみる減っていき、100GB以上の容量が持っていかれました。


記事検索

人気記事

M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


Apple MusicでHi-Res(ハイレゾ)音源をどのようにして見つけるか?また、Hi-Res(ハイレゾ)音源はデータ量が多いので注意が必要。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


M1 PROとM1 MAXの最大メモリ帯域に関する考察。


News

MacBook Pro 2023モデル16インチと14インチでクロック数が違う?


MacBook Pro M2の512GBモデルはSSDの速度が遅い?


macOS 13 Ventura Public Beta 8、iOS 16.1 Public Beta 4が配布されています。


FFmpegのARM(AppleSilicon)版の5.1.1(バイナリ)が配布開始されています。


Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。