デザイン事務所の現場から少し変わった目線でApple関連の情報を発信。

デザインの現場におけるモニターサイズの重要性。どのサイズのモニターがよいのか?解像度と実寸から読み解くディスプレイ講座。

M1 MacDisplay

前回の記事”「Pro Display XDR」も発表されたし、改めてデザイナー(グラフィックデザイン)とディスプレイの関係をまとめてみました。”の続きをずっと書こう書こうと思っていたのだが、後回しになっていた記事を頑張って書いていこうと思う(少し長文になります)。

多くの同業種の方々にどのモニターを買えばいいか?という質問を受けるのだが、スペックというよりは画面解像とサイズという側面の話をから説明しなければ根本的に選ぶ以前の問題なので、今日は友人に説明するつもりで思いを記していこうと思う。

クリエイター・デザイナー向けのモニター(ディスプレイ)チョイスの参考になればと思います。

32インチモニター(3008×1692表示)と27インチモニター(2560×1440表示・WQDH・2K)
32インチモニター(3840×2160表示・4K)と27インチモニター(2560×1440表示・WQDH・2K)
32インチモニター(3840×2160表示・4K)と27インチモニター(1920×1080表示・フルHD)

上記の画面を見てもらえばわかると思うが32インチのモニタを同じインチ数の「Pro Display XDR」と同じ解像度の(3008×1692)で表示するとWQHD(2560×1440)とほぼ同じ大きさで表示される。解像度をお互い変えてやると同じ環境でも左右移動で同じブラウザの画面でもこんなに大きさが変わる。

Appleが32インチの4Kモニターのこの微妙な改装度(3008×1692)で表示できるようにしてくれているのはクリエーターとしては本当に助かっています。しかも、Montereyでは今まで以上に親和性が広がっている気がする。

さて、本題であるクリエーターにとって使いやすい外部モニタ環境をグラフィッカー目線でAdobeのIllustratorとのマルチモニタ環境を基準として考えていこう。

まぁ、サブDisplayはメールチェックにしか使用しないからそういうのこだわらないという方にはここから先の記事はあまり意味のないものかもしれません。

Adobe CC 2019以降Illustrator等のアプリでも画面の解像度と大きさで自動的に用紙サイズを100%で表示される機能が装備。

32インチモニター(3008×1692)としてメインモニターに設定しIllustratorを起動するとA4の用紙を当てていますがほぼぴったりあいます。

設定は簡単で「設定」→「一般」の赤枠にチェックを入れるだけです。

AdobeのHPにも書いてありますが「複数の表示モニターを使用している場合、100%表示機能は主モニターでのみ動作します」

つまりどういう事かというと、マルチモニタ環境では下記のように白のメニューバーのモニターが主モニターになりますのでそちら側のディスプレイのの解像度と画面の大きさに依存すると言うことになります。

メインで100%で表示されても別のモニタに移動すると100%表示ではなくなる可能性があるということです。下記の写真は27インチのモニターをフルHDでサブモニターとして使用した例です。A4の用紙と画面の100表示が大きくずれているのがわかると思います。

この写真は32インチモニター(3008×1692)としてメインモニターに設定しサブモニターを27インチモニタをフルHD表示にしてサブモニターに使用した時のずれです。
32インチモニター(3008×1692)としてメインモニターに設定しサブモニターを27インチ(WQHD)に設定するとこの程度の誤差で収まります。

これから記していきますが画面表示のピクセル数とその大きさが一致すればするほどサブモニターとしては最適なものとなります。同じモニタを二台もしくは三台並べるのが最も間違えがないともいえます。

ディスプレイの画素密度 (pixel density)を表す単位にppiというものがあります。

27インチのWQHDモニターだと画素密度: 109ppi 画素ピッチ: 0.233mm 総画素数: 3,686,400ピクセル

32インチの(3008×1692表示)だと画素密度: 108ppi 画素ピッチ: 0.236mm 総画素数: 5,089,536ピクセル

となりほぼ同じ大きさであるがわかります。

27インチの(1920×1080表示)だと画素密度: 82ppi 画素ピッチ: 0.311mm 総画素数: 2,073,600ピクセル

となるので上の写真の大きさの差も納得できますね。同時にppiが小さい数字である方が画面の表示は大ききなります。

例えば具体的に間違えた(作業効率が悪い)モニター選択をしてしまった例を記します。

下記のようにiMac M1の外部モニタとして2万円以下で購入できる23.8インチのフルHDモニタをサブモニターとして使用した場合。

一見、サブモニタとして大きさもちょうどいいサイズのように見えるかもしれません。しかしIllustratorでメインモニタをiMacに設定した場合どうなるかというと。下記のように全く違うサイズで表示されてしまうことになり、サブモニタで作業をしていると実際の文字の大きさや感覚がずれた作業をすることになります。

もちろん、一番上の写真のようにブラウザの移動等でも左右の表示サイズがA4用紙の拡大度合いと同じように変わってしまうことになります。

正しいサイズのモニター選択をした場合。

例えばですが、では私の使用している「BenQ デザイナーズ モニター ディスプレイ PD2700Q 27インチ」をiMac M1のサブモニタの使用した場合はどうか?ほぼ同じサイズで表示されることがわかります。

下記のようにアップルはディスプレイの標準解像度を下記のように設定しており、21.5インチのiMac(4K)も2,048×1,152とディスプレイの比率と大きさをきちんと合わせた解像度を設定してきています。

上記が基本的にアップルのモニタの基準になる解像度となります。

ただ、残念な事にRetina Display(1ピクセルを2倍4ピクセルで表示)はどのメーカーからもほとんど発売されておらず、せめてきっちりあるサイズのピクセルバイピクセルのモニターを探すにしても、21.5インチで解像度(2,048×1,152)、24インチ(2,240×1,250)、32インチ(3008×1692)なんてモニターは販売されていません。

量販性の問題はあるにしてもこのあたりはサードパーティーのメーカーもしっかり作ってきてほしいものです。

唯一に近くAppleの規格と同じサイズのモニターを購入するには27インチのWQHDモニターがピクセルバイピクセルとしては最も最適なモニターということになります。32インチの4Kモニターを擬似的に(3,008×1,692)サイズで使用することもOKでしょう。

また、その比率と解像度から算出すると4Kのモニターをピクセルバイピクセルで快適に使うには41インチ程度のモニターが最適がと思いますが32インチ以上のモニターは視点の上下移動において仕事で使うには下部の所ばかり使ってデスク周りで使用するにはしんどいのかもしれません。

最近はワイドモニターもいろいろ出てきますが下記の比率と実寸を考えながら導入することをおすすめします。

個人的にはAVアンプとの兼ね合いで、サブ的にフルHD規格の20(20.1)インチ程度のモニターがあればいいのですが、これも今はほぼ販売されていません。個人的には20.1インチのフルHDでHDR対応sRGB・Rec.709 100%のモニターが存在したら即買いなんですけどね。まあ、需要はなさそうですがwww。

私は下記のようなファイルを解像度の比較表(左)と実際の画面の大きさの比較表(右)用にIllustratorで作成しています。これはどのように利用するかというと起点となる大きさのモニタを左から選びそのその起点と左の実際の大きさ比較をするようにしています。そうすることでメインのモニタとサブモニタでほぼ同じ大きさで作業ができるものを選ぶことができます。下の図はiMac 4K 21.5と起点とした一例です。

すべてにおいて大切なのはどのモニターをメインとして起点サイズとして定義するかと言うことです。過去記事にも書きましたが、その昔の起点となるDisplayは「Apple Cinema HD Display 23インチ」でした。ただあるときからAppleは起点となるDisplayをiMac 4K 21.5インチ(変態解像度2,048×1,152)として今現在もその比率と解像度、画面の大きさを統一してあわせています。下の対比表からすると「Apple Cinema HD Display 23インチ」は1,920×1,200(98ppi)より実際の表示比率がiMac 4K 21.5(102ppi)より大きいのがわかると思います。

以上のことから、Appleのラインナップのモニタの大きさと比率を考えると現在、我々が購入可能な外付けモニタは以下のチョイスになります(2021年10月現在)

  • 27インチモニター(WQDH)各社から発売(109ppi)
  • 27インチモニター(4Kを疑似解像度でWQHD表示)各社から発売(109ppi)
  • 27インチモニター(5K Display/Retina表示でWQHD)「LG UltraFine 5K Display」(109ppi)
  • 32インチモニター(4Kを疑似解像度で3008×1692表示)各社から発売(108ppi)
  • 32インチモニター(6K Display/Retina表示で3008×1692)「Pro Display XDR」(108ppi)

それぞれの環境に応じた自分独自のモニター(ディスプレイ)選び。

今までの話はAppleのiMac等に合わせた場合のサブモニターをどうするかという話。

ここからは独自路線で大きさの違うモニターを選ぶならどうか?という話。例えば先ほど紹介した「BenQ 23.8インチ モニター ディスプレイ GW2480」を起点のモニターとして選択したとします(下図参照)。23.8インチ(格安のモニターが多い)これを1920×1080のフルHDの大きさの起点とすると32インチのWQHDサイズが比率がほぼ同じモニターとして候補にあがります。

Appleの規格サイズというのもにこだわらなければ、こういうデュアルモニター構成というのもありうるのです。MacMini等で安くデュアルモニター構成を作成しようとした場合はこういう選択も十分ありでしょう。モニタの大きさと解像度は自分の作業環境に応じて変えていけばいいと思いますので。私も含め老眼が気になるクリエーターはこういう構成の方が大きい画面で快適な制作活動ができるかもしれません。

Apple Cinema HD Display 23インチ」等で長らく仕事をしてきた方は32インチのWQHD(2560×1440)を選ぶとしっくりくるのかもしれませんね。過去のAppleのモニタのサイズの起点はこちらが近い構成ですね。

Apple Cinema HD Display 23インチ」が98ppiでこの組み合わせがともに93ppiですので。

Illustratorというアプリをベースに考えるのであれば、起点となる主Displayに応じて実寸で用紙を表示してくれます。そういう意味では下記の構成であっても問題なく作業ができることになります。

何度も言いますが大切なのはどのモニタを起点とするかなのです。

31.5インチのWQHDモニターだと画素密度: 93ppi

23.8インチのフルHDモニターだと画素密度: 93ppi

ぴったりですね。この組み合わせは文字も大きく表示されるので見やすいと思います。

MacBookProやAirのノートパソコンでサブモニターを利用する場合はどうでしょうか?

私の使用しているMacBookPro(15-inch, 2018、2.9 GHz Intel Core i9、メモリ32 GB、Radeon Pro Vega 20)の場合は標準表示が1,680×1050(15インチ)132ppiと下記のように結構表示が細かい部類の表示になります。

下記の比較表を見てもらえばわかると思いますが、22〜24インチ程度のWQHD表示(23.8インチWQHD123ppi)を合わせてやるとほぼ同じ大きさで作業ができるでしょう。また、32インチの4K表示138ppiも大きさ的には、ほぼピッタリということになります。

32インチのモニターと接続し4K表示したところほぼ同じサイズに表示されていますね。でも、まあ32インチの4K表示では字が小さすぎてモニターまでの距離を離すと結構苦痛ですね。でも、近くで23.8インチのWQHDをノートパソコンのデュアルで仕事するのはありかもしれません。特にノートの表示サイズになれている方はこのチョイスもありかと思います。

このMacBookProは3年くらい使っていますが、このような解像度と比率だというのは初めてしたっきがします。ノートパソコンで仕事をするときは画面までの距離が近いのであまり気になりませんでしたが「ふむふむ」という事ですね。

これからは、それだけではなくこれからは「 リフレッシュレート 」も重要視されるでしょうからモニター(Display)選びがより多様化すると思いますが、この記事の解像度と実寸のとの比率という考え方がモニター選びの参照になれば幸いです。

記事検索

News

Final Cut Pro 10.6のアップデートが配布されています。


パブリックベータユーザー向けにmacOS Monterey 12.0.1、iOS 15.1、iPadOS 15.1、watchOS 8.1、tvOS 15.1を配布しています。


Denon(デノン)のAVアンプの入門機 AVR-X550BTがアマゾンで20,000円(24% OFF)で販売。


デノン、7.2chAVアンプの新モデル「AVR-X1700H」を11月下旬に発売予定。


iOS 15.1、watchOS 8.1、tvOS 15.1の Public Beta 4をパブリックベータ登録ユーザーに配布しています。


人気記事

Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2


Mac mini 2018のオプションの10Gb Ethernetはのどぐらいの速度(実速)?


OSX Catalina(10.15.4)で不要になったコンテナを削除する方法(BootCamp等)。


10G base-T Ethernetはどこまで使えるか


M1 MacとAVアンプを接続して空間オーディオを楽しむ「Macでサラウンド」


新着記事

Macでサラウンドを再生するその前に「Audio MIDI設定を変更する」が必要です。


新型MacBook Proの発表に関して思うこと(M1 Mac mini 8Gモデルをメインで使用した感想)。


Apple TV 4Kと5.1chアンプ(Dolby Atmosに対応していない)接続時の「空間オーディオ」の再生がうまくいかない問題とその回避方法。


「Macでサラウンド」MacとAVアンプを接続して「サラウンド」を体感しよう(基礎編)


Ankerの87Wモバイルバッテリー(Anker PowerCore III Elite 25600)は外出先でどのぐらいの時間使えるか実験。