デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

16インチMacBook Pro秋に登場か?

MacBook Pro

9to5Macによると16インチのMacBook Proが9月に発売される予定との報道。

遅れているIntelの10mmプロセッサである「Ice Lake」が生産を開始していて、ちょうどその頃に発売という報道もあり、一見信憑性が高いようにも思えます。

しかし、「Ice Lake」プロセッサはSunny Coveアーキテクチャに基づいて設計された、最大4コア/最大8スレッド(ターボブースト時には最大4.1GHz/GPUは最大1.1GHzで駆動)。

いくら10mmプロセスで処理速度が上がっているとはいえ、8コア/16スレッドのCPUを搭載している今のMacBook Proが4コアで登場することも無いでしょうし、今と同じCPU構成では魅力が少なすぎる気がします(インテルからは新しいCPUの発表は今のところはない)。

そうなってくると登場は10mmプロセッサの8コア/16スレッドか10コア/20スレッドの「Ice Lake」が出る頃では?と思うのだがどうなのだろう。

この「Ice Lake」はかなり優れものでThunderbolt 3やWi-Fi 6を内蔵しているので内部バスでロスが無く、かなり高速なアクセスが可能になるようです。これに16インチ仕様が登場すれば次世代感もありますし、ユーザーの購買欲をかき立てることも出来るでしょう。

事実、9to5Macの記事にも仕様の予想は難しいとも書いてあります。

秋にはMacPro 2019の発売もあるので、購買層がかぶっている所にぶつけて同時期に発売をする意味もあまり感じれません。

アップルとインテルが隠し球を持っている事に期待をして秋を楽しみにしましょうかね〜。もしかしたらベゼルレスで「Ice Lake」4コア/8スレッドにふさわしいもう少し小さいインチのMacBookシリーズという可能性も期待したいですね(MacBookもラインナップから消えたことですし)。

記事検索

人気記事

新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使える?互換性あるの?


バッファローの「Wi-Fi EasyMesh™」(メッシュ)環境を3台のBuffalo AirStationで構築。


News

Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。


Anker Nano llシリーズ初の100W出力。 2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載したAnker 736 Chargerを発売。


macOS Monterey 12.5 Beta 4がPublic Betaユーザーに配布されています。最後のアップデートのひとつになるか?


FFmpegのフロントエンド「ff·Works 3.0.6」のアップデータが配布されています。


macOS Monterey 12.5、iOS 15.6のBeta 3がPublic Betaユーザーに配布されています。次期OSのBeta版の公開も目前か?