デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

Premiere Proの新バージョン(22.4)をリリース

NewsAdobe

ビデオエディターPremiere Proの新バージョンをリリースしました。GIF透過やHDR Proxyなどの新機能に加え、ハードウェアエンコードに対応し、より高速な書き出しが可能になりました。

Adobe Premiere Proの「2022年5月リリース(バージョン22.4)」は、複数の改良が施されている。プロフェッショナルは、透明度のあるGIFを書き出すことができるようになり、”短いソーシャルメディアコンテンツのための対応 “が追加されました。また、スペーシングを調整する新しいツールのおかげで、タイトルやグラフィックのオブジェクトの分配が容易になりました。

Macユーザーのために、Adobe Premiere Proは、IntelまたはM1システムでのハードウェアエンコーディングをサポートするようになりました。アドビによると、このアップデートにより、10ビット4:2:0 HEVCビデオの書き出し時間が最大で10倍速くなるとのことです。Windowsユーザーも、AMD GPUを搭載したPCで同様の改善が見られるといいます。

さらに、このアップデートにより、QuickTime Screen Recordingsの再生がよりスムーズになり、レンダリングプロセスもより信頼性の高いものになります。また、HDR Proxyがサポートされ、中解像度および高解像度のメディアを正しい色空間で生成できるようになりました。

Premiere Pro 22.4は、パフォーマンスに重点を置いています。macOSとWindowsのAMD GPUの新しいハードウェアエンコーディングサポートにより、10-bit 4:2:2 HEVCの高速エクスポートがすべてのプラットフォームで利用できるようになりました。


Photoshop 23.3.2、After Effects 22.4、Audition 22.4、Media Encoder 22.4もあわせてリリースされています。

記事検索

人気記事

新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使える?互換性あるの?


バッファローの「Wi-Fi EasyMesh™」(メッシュ)環境を3台のBuffalo AirStationで構築。


News

Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。


Anker Nano llシリーズ初の100W出力。 2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載したAnker 736 Chargerを発売。


macOS Monterey 12.5 Beta 4がPublic Betaユーザーに配布されています。最後のアップデートのひとつになるか?


FFmpegのフロントエンド「ff·Works 3.0.6」のアップデータが配布されています。


macOS Monterey 12.5、iOS 15.6のBeta 3がPublic Betaユーザーに配布されています。次期OSのBeta版の公開も目前か?