デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

iPhone 15のUSB-C採用報道はiPhone 14の売れ行きに大きく影響か?

NewsiPhone

Appleinsiderによると

Appleは現在、USB-CアダプタとUSB-C iPhoneの両方をテストしていますが、どちらも2023年までには発売されないと予想されています。

2023年という日付は、アナリストのMing-Chi Kuo氏の最近の主張を裏付けるもので、その年の「iPhone 15」がLightningからUSB-Cに切り替わるというものです。

Kuo氏は、サプライチェーンからの情報を持っていると主張しています。Bloombergは現在、状況を知る不特定多数の関係者のみを引用している。となると、同じ情報源でありながら、Bloombergの方はアダプターの可能性が加わっている可能性があります。


毎年iPhoneの発売前のこの時期は必ず上がってくる話題ですが、今回は少し信憑性が高いようです。

こうしたUSB-Cアダプターは、おそらく既存のLightningベースのiPhoneでも使えると思われますが、これはAppleが予想されるEUの要件を先取りする狙いがあるのかもしれません。EUは現在、ヨーロッパで販売されるすべてのスマートフォンにUSB-C充電器を使用しなければならないことを意味する法案を計画しています。

新しいiPhoneはこの規格を採用し、古いiPhoneはアダプターを入手することで、AppleのすべてのポータブルデバイスがUSB-Cを使えるようになるのです。

アダプターは、アップルがマイクロUSBの義務化を回避するための方法です。そのマイクロUSB充電器の義務化は、わずか8年でUSB-Cの義務化に取って代わられることになります。

持ち運ぶケーブルが少ないという利便性はUSB-Cのメリットの一つで、あるエンジニアは以前、まさにその理由でiPhoneとAirPodsの充電ケースの両方をこの規格に適合させました。


なぜiPhone 14の販売に影響か?

多くのiPhoneユーザーは転送速度も遅く、充電速度も遅いLightningを使い続ければならないのだと考えているからです。今秋に発売予定のiPhone 14がLightningのままだとすれば「もう一年購入を待とう」と思うユーザが多くいると予想されています。

私自身、iPhone 14への買い換えを検討していましたが、よっぽど魅力のある末端として発売されなければiPhone 15を待つ選択肢を選ぶことになるでしょう。

記事検索

人気記事

Apple MusicでHi-Res(ハイレゾ)音源をどのようにして見つけるか?また、Hi-Res(ハイレゾ)音源はデータ量が多いので注意が必要。


M1 MacとAVアンプを接続して空間オーディオを楽しむ「Macでサラウンド」


iPhone 15 Pro MAXのRIMOWA(リモワ)のケースのレビュー。なぜ、そこ変えなかったんですか?


バッファローの「Wi-Fi EasyMesh™」(メッシュ)環境を3台のBuffalo AirStationで構築。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


News

DVDFab13のApple silicon版がダウンロード可能に。


FFmpegのARM(AppleSilicon)版の6(バイナリ)が配布開始されています。


Public Betaユーザー向けに「macOS 13.3 Ventura」が配布されています(アップデート注意)


Apple macOS Ventura 13.2.1を配布開始。パイオニアのBlu-ray(ブルーレイ)接続問題が解消か?


Ventura (13.1から)13.2にアップデート後、IntelMacで外付けBD Driveを認識しない問題