デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

FFmpegのフロントエンド「ff·Works 3.0.6」のアップデータが配布されています。

News

Mac OS 12.5 Beta(21G5027d)の環境では、書き出し時にエラーが出て使用できていません。

原因は不明ですが、ベータ版環境では書き出しがうまくいかないトラブルが起こっています。新しいバージョンの3.0.6でも同様です。

どのようなフォーマットで書き出しを試みても、書き出し最終部までは進行するのですが、ファイルが書き出されずエラーが起こってしまいます。


回避策としては、旧バージョンのffWorks 2.6.7を使用することで回避できます。

ff Worksのダウンロードページの下部にある赤線から古いバージョンをダウンロードください。3.0バージョンとアプリケーションの名前が同じですので、直接アプリケーションフォルダにコピーするのではなく、別の場所の保存して名前を「ff·Works 2.6」等に変更してアプリケーションフォルダに戻してやることで、3.0との同居が可能です。

また、IntelバージョンとなっていますがユニバーサルアプリですのでAppleSiliconのMacでもネイティブに動作することが確認されています。


書き出しができないトラブルは解消しました。

サポートに問い合わせをしたところ、今まで無いことらいしのですが、ライセンスキーが重複していて、ライセンスは承認しているが書き出しに制限がかかっていたようです。お騒がせしました。

現在は問題なく使用できています。


記事検索

人気記事

M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


Apple MusicでHi-Res(ハイレゾ)音源をどのようにして見つけるか?また、Hi-Res(ハイレゾ)音源はデータ量が多いので注意が必要。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


M1 PROとM1 MAXの最大メモリ帯域に関する考察。


News

MacBook Pro 2023モデル16インチと14インチでクロック数が違う?


MacBook Pro M2の512GBモデルはSSDの速度が遅い?


macOS 13 Ventura Public Beta 8、iOS 16.1 Public Beta 4が配布されています。


FFmpegのARM(AppleSilicon)版の5.1.1(バイナリ)が配布開始されています。


Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。