デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

さらば「Wi-Fi EasyMesh™」

WiFiWiFi6EasyMesh

前記事で”バッファローの「Wi-Fi EasyMesh™」(メッシュ)環境を3台のBuffalo AirStationで構築。”というのを書いたのですが、半月程度の運用でスタッフから苦情が多くなった。結局、それぞれをLANで接続してWiFi末端として使用する(ブリッジ接続)という形に落ち着くことになりました。


どのようなトラブルが起こったか?

  • メインのWiFi末端以外のメッシュ構成のWiFiが接続ができなくなる。
  • 接続はできているがネットにつながらない。
  • 再起動しても不安定な状態が継続する。
  • WSR-3200AX4Sのファームウェアを1.22にしてから頻発。
  • ファームウェアを1.21に戻しても改善しない。

実際に起こった症状から推測すると、メッシュのWiFi圏内にいてアンテナは立っているがつながらないのは、機器の切り替えがうまくできていない可能性がある。これはシステムの問題なので、ファームウェアが改善されない限りはどうしようもない症状。


ファームウェアのアップデート状況

メッシュの末端として使用していた「WSR-3200AX4S」ですがこちらの方は2022/02/16にファームウェアが1.22にアップデートされているのですが、「WXR-5950AX12」は2021/11/30に配布されメッシュが使用可能になったファームウェア(3.30)からアップデートされていません。

「WXR-5950AX12」の後継機である「WXR-6000AX12S」は2022/03/29にファームウェアが3.40にアップデートされています。「WXR-5950AX12」のファームウェアは開発が難航しているか、切り捨てられる方向になったのかどちらかだと推測されます。

コンセプトとして非常に良い機械なだけにサポートをバッファローさんには頑張ってもらいたい。

機能が全く変わらないといっていい「WXR-5950AX12」と「WXR-6000AX12S」は発売時期が 2019年10月と2021年2月と5ヶ月しかかわりません。発売から1年以上が経過する「WXR-6000AX12S」が現在もバッファローのフラッグシップモデルであることを考えると「WXR-5950AX12」は何か問題があったのかなと邪推してします。


場所を移動した際にWiFiを切り替えるだけだからなぁ。

メッシュをやめてブリッジ接続すると問題はほぼ起こらないので、まあ、社内の場所移動をした際にWiFiを切り替えるという方向で運用をあらためることにしました。

安定運用を求めるユーザーにとっては「Wi-Fi EasyMesh™」はまだ、実用域に達していないとアドバイスをさせてもらいます。


記事検索

人気記事

新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使える?互換性あるの?


バッファローの「Wi-Fi EasyMesh™」(メッシュ)環境を3台のBuffalo AirStationで構築。


News

Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。


Anker Nano llシリーズ初の100W出力。 2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載したAnker 736 Chargerを発売。


macOS Monterey 12.5 Beta 4がPublic Betaユーザーに配布されています。最後のアップデートのひとつになるか?


FFmpegのフロントエンド「ff·Works 3.0.6」のアップデータが配布されています。


macOS Monterey 12.5、iOS 15.6のBeta 3がPublic Betaユーザーに配布されています。次期OSのBeta版の公開も目前か?