デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

BUFFALO(バッファロー)Wi-Fi EasyMesh™対応のアップデータを11月に延期

10Gb EthernetWiFi6EasyMesh

WXR-6000AX12Sシリーズ、WXR-5950AX12シリーズのEasyMesh™対応のアップデータが9月配布予定でしたが、11月に延期になっています。

また、WSR-1500AX2Sシリーズは10月に延期に変更になっています。

WXR-5700AX7Sシリーズ、WSR-5400X6Sシリーズ、WSR-5400AX6シリーズに関しては9月対応予定のまま変更がないようです。

EasyMesh™は非常に楽しみで、期待をいるバッファローのサービスです。

バッファローのHPによりますと同社の対応機種を複数使用することでメッシュ機種を購入しなくてもメッシュネットワークが形成される仕組みです。

WiFi6対応で10GBase-Tに対応しているメッシュ機器はほぼ無い現状ですので、このシステムが実用化されれば選択肢として広がるユーザーも多いのではないかと思います。

弊社は会社が鉄骨構造で壁、ドアも鉄製なこともありWXR-5950AX12アマゾン)の8×8 ビームフォーミングを利用してもドアをしめた状態で部屋を移動すると10m弱の距離でも時につながらなくなることがあるために、WSR-1800AX4Sアマゾン)を購入してEasyMesh™に備えていただけに11月頃への延期は残念ではあります。

よくありがちなバグで不安定動作というよりは、しっかり安定して使える方がよいので、バッファローさんの開発に期待をしたいと思います。


最新のEasyMeshのレビュー記事はこちらからご確認ください。


記事検索

人気記事

M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


Apple MusicでHi-Res(ハイレゾ)音源をどのようにして見つけるか?また、Hi-Res(ハイレゾ)音源はデータ量が多いので注意が必要。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


M1 PROとM1 MAXの最大メモリ帯域に関する考察。


News

MacBook Pro 2023モデル16インチと14インチでクロック数が違う?


MacBook Pro M2の512GBモデルはSSDの速度が遅い?


macOS 13 Ventura Public Beta 8、iOS 16.1 Public Beta 4が配布されています。


FFmpegのARM(AppleSilicon)版の5.1.1(バイナリ)が配布開始されています。


Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。