デザイン事務所の現場から少し変わった目線でApple関連の情報を発信。

HDMI端子付きのナビでApple TVを接続する。

Apple TV

副題「Apple TV HDを車載して9インチナビにHDMIで接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その3」

Apple TVの車載記事は非常に反響が高く沢山のアクセスをしていただきました。Apple TVを常設するのなら、大画面がいいんじゃな無いかとPanasonicのCN-F1XVD(9インチ)を購入してしまいました。

いや実はポチッと購入した直後に

Panasonic10インチの新機種発表!(別記事

まあ、世の中そういうモノです。9インチのラウンドのフォルムが綺麗なんだよなどど自分に言い聞かせながら、、、。

そんな話はさておき、前回の記事「Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2」を見てくださった方から質問もありましたので、そのあたりもまとめてみようと思います。

私の車は「380車種以上に搭載可能」とパナソニックさんが指定している車種に入っていない車(三菱パジェロ V83W)ですが、まあ、どうにかなるだろうとビートソニックさんのナビ取り替えキット(DSX-10R)をで配線を接続。

配線を間違えてラジオが電波拾わない。リバース(バック)の信号がどれかわからないというトラブルにがありましたが、問題なく設置完了。このあたりを真面目に書くと車ブログ(ミンカラ記事)になってしまうので、テクニカルな話はこのぐらいで。

完全に車載決定ですので、表面テープとマジックテープで肘おきの下に収納。今回はHDMIケーブルだけなので配線も楽です。
こんな感じで綺麗に収納されました。穴を開けてケーブルを通すかどうかは悩んでいます。

さずがHDMI接続めっちゃ綺麗です。AppleTVが役立っていますね。

※モアレはiPhoneカメラの影響ですので実際の画面にはありません。
ミラーリングしたiPhoneもこのぐらい綺麗に映ります。

皆様からのいただいたApple TV(車載)に関しての質問に答えていこうと思います。

・Apple TVのリモコンはTVのリモコンのように本体との角度によって反応しなかったりしますか?

Apple TVのリモコンは「Siri Remote」というのが正式名称でBluetooth で動作します。TVのリモコンのように赤外線で接続するのではないので、方向は関係ありません。私はひ肘おきという密閉空間に本体をしまっていますが、問題なく使用できています。検索時の音声入力は非常に便利です。車によればダッシュボードの中でも大丈夫かもしれません(場所を固定する前に通信チェックをしてから設置してください)。

・WiFi環境が無い場所でミラーリングは出来ますか?

この写真はWiFi OFF、SIM無しのiPhone 5Sですが問題なくミラーリングが出来ています。BluetoothをOFFにすると接続できなくなるので、Bluetooth接続でつながっているのだと思います(もちろん、Apple TVもWiFi接続されてい無い状態です)。

Apple TVのミラーリングは奪い合う事が出来るのが面白いところで、私が接続をして音楽を聴いている隣で、別の方がミラーリングを開始すると私の接続はカットされ、後に接続した機器が有効になります。

Appleの公式ページで「AirPlay でビデオをストリーミングする方法やデバイスの画面をミラーリングする方法」説明してくれていますので読んでみてください。

・ミラーリングした際に音にノイズが発生することがあるのですが。

私もたまに経験することがあります。Bluetooth接続のヘッドフォンなどでも起こる現象です。特に車載したApple TVは移動をしますので、その道中に強い電波があったり、ノイズの発生源があったりする確率も増えます。しばらく、時間経過を待つと回復する事が多いです。それでも回復しない場合は、ミラーリングをオフにして再接続すると良いでしょう。

ある特定の車と併走するとノイズが発生するということもありますので、車の設備品によってはノイズを発生させる類いのものがあるのかもしれません。その車と距離をとるとノイズが無くなったりするのが結構面白かったりします(あの車危険!みたいな感じで)。

SONYのヘッドフォンの音飛びのページに説明がありますので、こちらを参照してみると良いかもしれませんね。

・ミラーリングした画面の比率はどうなりますか?

ナビの画面は720pですので比率は16:9です。iPhone 8までの機種は同様に画面の比率が16:9ですので画面全体に表示されます。

5sをナビに接続し、グーグルマップを表示した画面

ただ、iPhone X以降のXSやXRは比率が違うので全画面では画像が表示されません。下の写真のように全体には表示されません。外の赤い枠がナビの全画面ですが、XSを接続すると上下に非表示の部分ができてしまいもったいない状況になります。

グーグルナビやYahooナビ、その他のナビアプリを効果的に利用するのであればホームボタンのあるiPhoneを接続することをおすすめします。

・関連記事「Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2

記事検索

News

Adobe Creative Cloud 2020のPs、Pr、Ae等のアップデートが配布されています。


MacOSの動画再生アプリ「IINA」の1.0.6のアップデータが配布されています


Adobe Creative Cloud 2020のAi、Pr、Ae等のアップデートが配布されています。


Firefox 72.0.1、Firefox Nightly 74


Carbon Copy Cloner 5.1.14のアップデータが配布されています。


人気記事

Boot CampのWindows10でeGPUが使えるように!


Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2


Boot Camp 更新プログラム6.1.10が配布されています。同時にAMDのHPからBoot Campのドライバも配布開始。新しいドライバはeGPUに対応したか?


10G base-T Ethernetはどこまで使えるか


eGPUがやってきた!その2 GPU比較(Vega 20 vs Radeon RX 580 vs Radeon VII)


新着記事

OCN 2020年6月から順次、IPv6インターネット接続機能(IPoE)を無料で利用できるサービスを開始!バッファローのWXR-5950AX12で早速体感。


テレワーク(ビデオ会議)時代のWiFi選び。WiFiの速度を実測。WiFi 5「5 GHz (11ac)」、WiFi 4「2.4 GHz (11n)」の特性を検証。


OSX Catalina(10.15.4)で不要になったコンテナを削除する方法(BootCamp等)。


Adobe After EffectsはCC 2020(17.04)で大幅にeGPUに対応?!したのか?


Apple Beta Software Program向けに「macOS Catalina 10.15.4 public beta 5」(ビルド19E258a)が配布されています。