デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

AirPods 3がやってきた。皆様にもドルビーアトモスのトレーラを試してもらいたい。

Dolby AtmosAirPods

AirPods3が弊社にもやってきました。M1 Macにつなぐとなぜか下図のようなアラートが表示されます。

原因はよくわかりません。ミュージックAppで空間オーディオを再生してみたところ、問題なく再生されているのようですので「ヘッドトラッキング」は使えないという意味でしょうか?

※音源のサラウンド再生(ドルビーアトモス)と空間オーディオ(ヘッドトラッキング込)は少し分けて考える必要がありそうです。ストリーミング再生でもサラウンドは再生される。空間オーディオはダウンロードした音源のみ再生されるようです。

聞いてみると、少し近未来な感じで「あれ?スピーカーから音なってる?」と何回かAirPods3を外してしまうという錯覚をしてしまいました。アトラクションの動いてないのに動いて見える感じと似ています。

なかなか説明のしようがないのですが「ヘッドトラッキング」が影響しているのでしょう。いつもAVアンプ経由でスピーカーで聴いているような感覚で常に正面から音楽が流れてる感じでした。

音質的にはどうか?

このあたりは好みによるところが大きいと思いますが低音がかなり強化されています。サラウンド対応の映画はかなり大迫力で楽しむことができます。先代のAirPods2から比べれば非常に大きな進化だと思います。

細かいところは、色々なレビューがやってくれると思いますので、ほかとは違うオーディオ的視点から。

「Macでサラウンド」MacとAVアンプを接続して「サラウンド」を体感しよう(基礎編)にも書いていますが、Dolby(このリンクをクリック)さんからドルビーアトモスのトレーラをダウンロードしてQuickTimeで再生して聞いてみてください(詳しい方法はリンクを読んでください)。

これだと、空間オーディオのチェック入りました!

皆様にもドルビーアトモスのトレーラをマジで試してもらいたい。

空間感とサラウンド感半端ないっす。もちろん映画を楽しむのもありですが、サラウンドを感動的に再現する為だけに作られた音源は格別です。お〜〜〜!となること間違えなしです。

とりあえず感動を共有したかっただけの記事です。

※なぜか、Apple TV Appの予告編はAirPod3を接続したときは再生されない

記事検索

人気記事

Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2


M1 PROとM1 MAXの最大メモリ帯域に関する考察。


M1 MacとAVアンプを接続して空間オーディオを楽しむ「Macでサラウンド」


Mac mini 2018のオプションの10Gb Ethernetはのどぐらいの速度(実速)?


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


News

Parallels Desktopの17.1.1(5137)のアップデートが配布されています。


「Amazon ブラックフライデー」も残すところ後2日になりました。みなさんは買い忘れは大丈夫ですか?


バッファーロー、フラッグシップモデルのWXR-5950AX12、WXR-6000AX12Sのファームウェアアップデートで「Wi-Fi EasyMesh™」に対応


11月19日発売のDENON AVR-X1700Hのファームウェアが配布開始。


Netflix、視聴率トップ10を表示する新しいランキングサイトを開設