デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

MacBook Pro M2(2022)のSSD速度はM1 Macから変わらず?Pro/Maxモデルの約半分。MacBook Airも同じ?

MacBook ProM2 MacMacBook Air

多くのメディアやユーザーにMacBook Pro M2がデリバリーされはじめ、その正体が少しづつわかり初めてきました。今回は内蔵のSSDの速度に焦点をあててみます。

ボブズマックではM2のMacBook Airの購入動機をSSDの速度によると言ってきました。先に発売されたMacBook Pro M2は残念ながらSSDの速度は下記のグラフのようにM1から進化していないようです。

パッと見た感じだとM1からM2で少しスピードが上がったように見えるが、Appleのノートパソコンは256GBのSSDは512GB以上のSSDと比べると速度が遅い傾向があります。

現にツイッターの投稿でMacBook Pro M2(2022)の256GBのSSDの速度はM1のMacBook Air(512GB)より遅いとの報告もあります。


M1 Pro/MaxのMacBook Proとのこの速度差はなぜこんなにあるのか?

通常の内蔵SSDはPCI Expressの転送速度 x4という規格で利用されています。

ですので下記のようにSSDの上限の速度が決まります。

  • PCIe 3.0×4=32Gbps=4GB/s=4,000MB/s(実質3,200MB/s弱)
  • PCIe 4.0×4=64Gbps=8GB/s=8,000MB/s(実質6,400MB/s弱)
  • PCIe 5.0×4=128Gbps=16GB/s=16,000MB/s(実質12,800MB/s)※次世代

AppleのARM CPU(M1/M2)では、この「PCI Express」ではなく独自の「Apple Fabric」を使用しています。ですので上記のPCIeという規格が単純に適応されるわけではありませんが、どちらにしてもSSDはPCI Expressに併せて開発されていますので、多少の上下はあったとしても上記の規格に左右されます。


残念ながらMacBook Pro M2 2022モデルはSSDはPCIe 3.0規格。

今回のM2搭載の2機種はThunderbolt 4を搭載せず、Thunderbolt 3/USB4という外部ポートのサポートになっています。Thunderbolt 4を搭載しSSDもPCIe 4.0規格相当のPro/Max搭載モデルとの差別化というのもあるでようが、少し残念な点です。


気になる「新型MacBook Air M2」のSSD速度はどうなるのでしょうか?

Airよりも発売の早かったMacBook Pro 2022ですが、それができたのもロジックボードも基本構成を変えることなくCPUとその他のチップの変更のみで対応できたため、早く発売ができたとも考えられます。

新しいAirはケースもロジックボードも新開発になる可能性が高く、SSDは早い規格で登場する可能性がある。と期待をしたい所ですが、同じ構成でほぼ同価格の値段設定になっており、公開されている仕様もほぼ変わりません。Airだけ高性能というわけにもいかないのが現実でしょう。


絶対買いと思っていた「M2搭載のMacBook Air」ですが、私の中では少し購買意欲が減退ました。

なぜならば、近い将来に発売されるであろうM2 Pro/MAX搭載のMacBook Proを購入し、M1 Pro/MAXの現行機種を社内で使い回す方がコストパフォーマンスが高いからです。

どれを買おうか迷っている友人がいれば、お金に余裕がありAirの色と形がどうしても気に入ったというのでなければ、価格差を考えると、今も購入可能であるM1搭載のAirをおすすめするかな〜。

記事検索

人気記事

新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


Apple MusicでHi-Res(ハイレゾ)音源をどのようにして見つけるか?また、Hi-Res(ハイレゾ)音源はデータ量が多いので注意が必要。


Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使える?互換性あるの?


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


News

macOS 13 Ventura Public Beta 8、iOS 16.1 Public Beta 4が配布されています。


FFmpegのARM(AppleSilicon)版の5.1.1(バイナリ)が配布開始されています。


Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。


Anker Nano llシリーズ初の100W出力。 2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載したAnker 736 Chargerを発売。


macOS Monterey 12.5 Beta 4がPublic Betaユーザーに配布されています。最後のアップデートのひとつになるか?