デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

M1(Apple Silicon Mac)は内部ストレージが故障していると外部デバイスからのブートでは起動しない?!

CatalinaBig SurMontereyM1 Mac

CCC(Carbon Copy Cloner)のBLOGによるとApple Silicon Macは内部ストレージが故障していると外部デバイスからのブートでは起動しないとの記述がありました。興味深い内容でしたので掲載します。

どこまでを内部ストレージ(内蔵のSSDの事)を指すのかはわかりませんが、外部ブートで内臓のシステムを復活させることができた経験は過去に何度も経験しています。起動不良のレベルで外部からブートができなくなるのは結構致命的な気がします。

今のとこりはAppleもM1 Mac(Apple Silicon Mac)の「外部起動」を今後もサポートすると明言していますが、現実にはできることがより制限されそうです。

トラブルに対する対応方法もMac OSの進化とM1 Mac(Apple Silicon Mac)の登場で様変わりしていくかもしれませんね。

以下がCCCのブログに書かれていた内容の抜粋です(訳が怪しいのと、内容がマニアックなので興味のある方向けの内容です)。


CCC 5.1.27とCCC 6は、今現在IntelとApple Silicon Mac(11.3+)上でシステムのブータブルコピーを作成できますし、macOSがサポートする限り、私たちはその機能のサポートを続けます。

しかし、Appleのプラットフォームは進化し続けているため、私たちは現在のハードウェア機能を中心にリカバリ戦略を設計しなければなりません。ブート可能な外付けデバイスは、その戦略の一部ではないかもしれません。CCCはシステムのコピーを作成するだけでなく、もっと多くのことができます。今こそバックアップ戦略を見直し、CCC 6の新機能のいくつかを使って、さらに良いものにする絶好の機会なのです。

何十年もの間、MacユーザはMacの「外部起動」機能を当たり前のように使ってきました。Mac OS X以前は、システムフォルダをあるボリュームから別のボリュームにドラッグ&ドロップするだけで、外部ブートボリュームが出来上がりました。AppleがMac OS Xでより複雑にしたとき、私たちは「起動可能なバックアップ」ソリューションのパイオニアとなり(約20年前!)、以来すべての新しいMacとすべての新しいOSでこの機能を確実にサポートし続けてきました。

しかしAppleは、新しい道を切り開くために物事を揺り動かすことを決して恐れていません。Big Surと新しいApple Silicon Macは、Macユーザーがハードウェアの故障から回復する方法を揺るがしたのです。


Big Surからの大きな変化

Big Surは、それ自体で、外部ブートデバイスの作成に大きな新しい変化をもたらしました。オペレーティングシステムは、暗号的に封印された「Signed System Volume」(リンク先は外部)に存在するようになり、Appleが独自に開発したユーティリティ「Apple Software Restore」(ASR)によってのみコピーすることができるようになった。私たちはすでにASRを使いこなしていたので、11月にはすぐにBig Surのブート可能なコピーを作っていました。しかし、まだ完璧ではありません。この時点で何万回とASRクローンを作成しましたが、ASRは私たちのファイルコピー機ほど堅牢ではないことがわかりました。ASRがのコピーが、単に失敗する事が多くありました。例えば、システムをコピーしてデータのバージョン管理されたバックアップを保持することはできませんし、コピーされたものを評価することも、最初のバックアップからアイテムを除外することも、後で検証するためのチェックサムデータを保存することもできません。ASRでシステムの起動可能なコピーを作ることができるのは確かですが、それを使うと、実際にバックアップするのに重要なもの、つまりかけがえのないデータを消失してしまう可能性があります。


Apple Software Restoreは新しいApple Silicon Macのストレージにはまだ対応できていない

AppleがApple Silicon Macを発表したとき、私たちはもう一つの問題を発見しました。これらのMacに搭載されている「Apple Fabric」ストレージは、iOSデバイスのストレージのようにファイルごとの暗号化キーを提供しますが、実は数か月間、ASRはこれと連動していませんでした。AppleはmacOS 11.3でこの問題を部分的に解決しましたが、現在でもASRを使ってMacの内部ストレージにシステムを戻すと、カーネル・パニックを起こしてしまいます。

12月に私はAppleとmacOS上のASRの信頼性と機能性、特にApple Silicon Macについて電話会議を行いました。彼らはASR/Apple Fabricの問題の解決に取り組んでいることを示しましたが、macOSのシステムファイルをコピーすることは将来的にサポートされるものではないことをはっきりしました。Macコミュニティの多くは、これがAppleの方向性であることを見抜いていましたが、今回ようやく確認することができました。特にAPFSの導入以来、AppleはmacOSのシステムファイルをロックダウンする方向に進み、セキュリティを高めるために利便性をある程度犠牲にしています。


Apple Silicon Macは内部ストレージが故障していると起動しない

もしあなたがハードウェアの故障に備えてバックアップを起動できるようにしていたのなら、それはもう無駄なことかもしれません。
しかし、2月に発表された新しいApple Silicon Macに関するProduct Security文書(リンク先は外部サイト)に記載された、非常に微妙なロジスティック上の変更には驚かされました。この文書の一番最後にある脚注によると、起動デバイスが物理的にどこにあるかにかかわらず、起動プロセスは常に内部ストレージ上のボリュームによって促進されるとのことです。そのボリューム上の軽量OS(「iBoot」)が起動資産の整合性を評価し、その外部デバイス上のOSを認証して、その外部デバイスからの起動プロセスを進める。これはどういうことでしょう?理論的には、Apple Silicon Macは内蔵ストレージが故障すると全く起動できなくなるということだ。このことを証明するために、内部ストレージを破損しても構わないというMacがなかったので、4月にApple社内の権威ある専門家に問い合わせたところ、「内部ストレージが死んだらApple Silicon Macを起動できない」というのが実際のところであることを明確に確認しました。

AppleはApple Silicon Macの「外部起動」を今後もサポートすると明言していますが、現実にはできることがより制限されることになります。もしあなたがハードウェアの故障に備えてバックアップをブート可能にしていたのなら、それはもう無駄な作業です。これを機会に方法をかえるいい機会と思いましょう。


過去に作られたmacOSの起動可能なコピーの将来のサポート

ハードウェア障害からのリカバリを外部ブートデバイスに依存するのは、もうやめましょう。私たちとしては、すでにCCC 6をこの新しい方向性に適応させています。CCCはBig Sur のデフォルトで「ブート可能にする」オプションをユーザに提示しなくなりました。11月にも書きましたが、実は私はこのことにかなり興奮しています。物事は変化し、Appleはトラブルシューティングデバイスを取り上げましたが、全体として、物事はよりシンプルになります。一般的なユーザーにとって、私たちはシステムのコピーに伴う特殊性をすべて排除して、機能豊富なバックアップを本当に簡単に作成できるようにするつもりです。

しかし、システムをコピーする機能を廃止するわけではなく、「可能な限り努力します」的なアプローチで提供し続けるつもりです。ハードウェア障害からの復旧という点では、起動可能なデバイスの限界について正直かつ率直にお話しするつもりですが、その後、起動可能なコピーがより効率よく保存できるようにしていきます。


CCC 6ではこう変わりました。

Catalinaです。通常通り、起動ディスクのバックアップを設定すると、CCCはファイルコピー機でシステムファイルをコピーし、ハードウェアの互換性の問題がない限り、バックアップは起動可能であるべきです。

Big Sur(とそれ以降)。CCC はデフォルトで標準バックアップを作成します。もし、CCCに保存先を消去して、保存先の起動可能なコピーを作成させたい場合は、保存先セレクタをクリックし、”Legacy Bootable Copy Assistant “を選択してください。


起動可能でないバックアップからデータを復元するにはどうすればよいのでしょうか?OSやハードウェアの問題が発生した後、Macを動作可能な状態に戻すにはどうすればよいですか?

CCCが起動ディスクの標準バックアップを作成する際には、すべてのデータ、すべてのアプリケーション、すべてのシステム設定がバックアップされます。これは、カスタマイズされたMacのすべてであり、お使いのMacまたは代わりのMacで生産性を取り戻すために必要なものすべてです。MacにmacOSを再インストールした後、または新しいMacを初めて起動したときに、移行アシスタント(リンクは外部)を使ってCCCバックアップからデータを移行することができます。CCC Standard BackupsはMigration Assistantと互換性があり、今後も、私たちはその構成をサポートしています。

記事検索

人気記事

新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使える?互換性あるの?


バッファローの「Wi-Fi EasyMesh™」(メッシュ)環境を3台のBuffalo AirStationで構築。


News

Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。


Anker Nano llシリーズ初の100W出力。 2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載したAnker 736 Chargerを発売。


macOS Monterey 12.5 Beta 4がPublic Betaユーザーに配布されています。最後のアップデートのひとつになるか?


FFmpegのフロントエンド「ff·Works 3.0.6」のアップデータが配布されています。


macOS Monterey 12.5、iOS 15.6のBeta 3がPublic Betaユーザーに配布されています。次期OSのBeta版の公開も目前か?