デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

余っていたNVMeのSSDカードをUSB 3.1 gen2で再利用(10Gbps)。

MacBook ProUSB 3.1

余っていたMVMeと書きましたが、実は余っているわけではないのです。どのように使おうかと考えているうちに、デスクの引き出しの中に忘れていただけなんです。とりあえず、よさそうなのを見つけたので、外付けのケース(USB 3.1 gen2)で運用してみることにしました!

購入したのはORICOという会社のORICO USB-C NVME M.2 SSDケース(PCM2-GY)。

Amazonさんで4,500円(2019年8月)でした。

なぜこのケースを選んだかというと、WD BLUE(WDS500G1B0C)は端子部分の切り口が2つあるB&M Keyという形状です。NVMeではないSATAのM2 SSDに多い切り口です。

なぜか対応していないケースも多いです。このORICOさんは下記の説明のようにB&M Key(NVMe)対応を表記していたので、それが購入の決定打でした。

PCIeのM2 NVMe SSDボードはM、B&M-Keyでも問題なく使えるんですけどね〜。

早速、組み立ててみます。底をスライドさせると簡単にケースがパカッと外れます。

固定方法はネジでSSD側をしめる形状では無く、挟み込む金具をしたから固定する形状です。このネジをしめて、USB Cのジャックを先に差し込んで、基板自体は置くだけで固定は必要ないようです。

ケースのフタを元に戻してネジをしめるだけの簡単設計。

アマゾンさんにはグレーと書いていてそれっぽい色で紹介されていますが、実際はブルーですね。そういうのが気になる方はシルバーを選択すると良いかもしれません。

こんな感じの写真ですが

実際はこんな感じです。

気を取り直して、チップを確認します。iPhone XSにマクロレンズをつけて頑張って撮影(初めてマクロレンズが役に立ちました)。肉眼では見えませんでした。

JMS583ですね。

ORICO USB-C NVME M.2 SSDケースのチップセットはJmicron社が新しく開発したUSB 3.1 Gen 2 to PCIe Gen3x2 Bridge Controller「JMS583」を使用しているようです。

こんなに小さいのにPCIe 3.0のx2で接続してUSB 3.1 gen2で出力する優れもののチップですね。

「ASM2362」というチップを使っているケースもありますね。性能に違いはあるのでしょうか?気になりますが、気にしないことにします。

MacBook Pro 2018 15inchに接続してどのぐらいの速度で接続できるかを実験しました。

USB 3.1 gen2の理論値である10Gbpsは1,250MB/sなので実測は80%の1,000MB/sだと考えると結構ギリギリまで数字が出ていますね。

最近はベンチだけでは無く、いつものファイルコピー(過去記事)でも計測をして見ました。MacBook ProからORICOが782MB/s、ORICOからMacBook Proが986MB/sという結果でした。ベンチマーク以上の数字が出ています。

使用するSSDにもよるのでしょうが、Read(読み)よりもWrite(書き)の方が速度が出る結果になりました。

思った以上に優秀な結果にかなり満足の買い物でした。外出時のお供はSAMSUNGのMU-PA500B/ITからこのORICO with WD BLUEに切り替える事になりました。

関連記事

記事検索

人気記事

新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


M1 MacとAVアンプを接続して空間オーディオを楽しむ「Macでサラウンド」


Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。車内で「Apple TV」はかなり使える。


Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使える?互換性あるの?


News

MacのCPU/GPUの性能を測れるベンチマークソフト「Geekbnech」の5.4.5アップデーターが配布されています。


新しい27インチMini LED搭載のディスプレイは10月発売か?


Anker、新しいUSB-CハブでM1 MacBookを3台の外部モニターに出力できると発表


macOS Monterey 12.5、iOS 15.6初のBeta版がパブリックベータユーザー向けにリリース


ISOファイルをダウンロード可能な「Windows 11 Insider Preview Build 25120」リリース。