デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

MacとNVMe M.2 SSDの相性問題(USB3.1 gen 2 ケース)

USB 3.1SSDThunderbolt3

先日からいろいろと起こっているMacとSSDの相性問題ですが、今回はケーブルやらケースやらの相性のお話。
今日はたまたま知り合いのカメラマンさんが弊社にデータの受け渡しに来ていたので、コピーが終わった後に速度を測らせてもらいました。

測定をさせてもらったのはYottamasterのUSB 3.1 gen2(10Gbps)ケースにWD ブルーをインストールした組み合わせ。以前と比べてWD Blueも x4仕様になっているので価格も安いですし、上限に制限のあるThunderbolt向けに良いマッチングの製品なような気もします。

さて、そんな話はともかく。

Western Digital SSD 1TB WD Blue SN550 PC M.2-2280 NVMe WDS100T2B0C-EC 

使用していたのは上記の環境なのですが、なぜかUSB3.1 gen2なのに速度が500MB/sを超えていない。

ケーブルかなと思って手持ちのThunderbolt 3ケーブルで再測定するとちゃんと1,000MB/s程度速度が出るようになりました。

付属のケーブルの問題かと思い過去記事の「ORICO USB-C NVME M.2 SSDケース」に付属のケーブル(1,000MB/s動作を確認)を差し替えると同様に500MB/sどまり。

ORICOだと10Gbpsで動作するのに、、、。

Yottamasterのケースだと5Gbpsの速度しかでない、、、。

無理を言ってORICOのケースに「WDS100T2B0C-EC」を差し替えさせてもらい再度実験をしてみました。

ORICOのケースだとケーブルにかかわらず1,000MB/s近いスピードが出ます。
ということはWDのSSDの問題ではなく、ケースの問題であることがわかりました。
なんとなくYottamasterORICOって限りなくにた商品構成でなので兄弟会社かどちらかのOEMブランドなのかと勝手に思っていますが、発売時期が違うのでチップ等の違いなのかもしれませんね〜(もしかしたら製品のロットの問題かもしれません)。

でも、Thunderbolt 3ケーブルだと10Gbpsで作動するという謎(きっとこのあたりにこの問題の根源がある気がしていますが)。

まぁ、そういうこともあるのでいろいろと安めのMVMeケースの選択にも注意が必要ですね〜という情報でした。

※先にも書きましたが、この商品自体は問題なく、実験した機器固有の問題の可能性もあります。

記事検索

人気記事

新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使える?互換性あるの?


バッファローの「Wi-Fi EasyMesh™」(メッシュ)環境を3台のBuffalo AirStationで構築。


News

Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。


Anker Nano llシリーズ初の100W出力。 2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載したAnker 736 Chargerを発売。


macOS Monterey 12.5 Beta 4がPublic Betaユーザーに配布されています。最後のアップデートのひとつになるか?


FFmpegのフロントエンド「ff·Works 3.0.6」のアップデータが配布されています。


macOS Monterey 12.5、iOS 15.6のBeta 3がPublic Betaユーザーに配布されています。次期OSのBeta版の公開も目前か?