デザイン事務所の現場から少し変わった目線でApple関連の情報を発信。

MacとNVMe M.2 SSDの相性問題(USB3.1 gen 2 ケース)

USB 3.1SSDThunderbolt3

先日からいろいろと起こっているMacとSSDの相性問題ですが、今回はケーブルやらケースやらの相性のお話。
今日はたまたま知り合いのカメラマンさんが弊社にデータの受け渡しに来ていたので、コピーが終わった後に速度を測らせてもらいました。

測定をさせてもらったのはYottamasterのUSB 3.1 gen2(10Gbps)ケースにWD ブルーをインストールした組み合わせ。以前と比べてWD Blueも x4仕様になっているので価格も安いですし、上限に制限のあるThunderbolt向けに良いマッチングの製品なような気もします。

さて、そんな話はともかく。

Western Digital SSD 1TB WD Blue SN550 PC M.2-2280 NVMe WDS100T2B0C-EC 

使用していたのは上記の環境なのですが、なぜかUSB3.1 gen2なのに速度が500MB/sを超えていない。

ケーブルかなと思って手持ちのThunderbolt 3ケーブルで再測定するとちゃんと1,000MB/s程度速度が出るようになりました。

付属のケーブルの問題かと思い過去記事の「ORICO USB-C NVME M.2 SSDケース」に付属のケーブル(1,000MB/s動作を確認)を差し替えると同様に500MB/sどまり。

ORICOだと10Gbpsで動作するのに、、、。

Yottamasterのケースだと5Gbpsの速度しかでない、、、。

無理を言ってORICOのケースに「WDS100T2B0C-EC」を差し替えさせてもらい再度実験をしてみました。

ORICOのケースだとケーブルにかかわらず1,000MB/s近いスピードが出ます。
ということはWDのSSDの問題ではなく、ケースの問題であることがわかりました。
なんとなくYottamasterORICOって限りなくにた商品構成でなので兄弟会社かどちらかのOEMブランドなのかと勝手に思っていますが、発売時期が違うのでチップ等の違いなのかもしれませんね〜(もしかしたら製品のロットの問題かもしれません)。

でも、Thunderbolt 3ケーブルだと10Gbpsで作動するという謎(きっとこのあたりにこの問題の根源がある気がしていますが)。

まぁ、そういうこともあるのでいろいろと安めのMVMeケースの選択にも注意が必要ですね〜という情報でした。

※先にも書きましたが、この商品自体は問題なく、実験した機器固有の問題の可能性もあります。

記事検索

News

iOS 14.2 パブリックベータ2、Big Sur Beta9 11.0が配布されています。


iOS 14.2 Public Betaが配布されています。


Big Sur パブリックベータ8(20A5374i)が配布開始


Adobe Creative Cloud 2020のPs、Pr、Ae等のアップデートが配布されています。


MacOSの動画再生アプリ「IINA」の1.0.6のアップデータが配布されています


人気記事

ついに帰って来た!Boot Camp上のWindows 10 Version 20H2(Windows Insider Program)でeGPUが使えるように!


Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2


OSX Catalina(10.15.4)で不要になったコンテナを削除する方法(BootCamp等)。


「ファイル消しても容量増えないんだけど?」という話が最近多い。


10G base-T Ethernetはどこまで使えるか


新着記事

MacとNVMe M.2 SSDの相性問題(USB3.1 gen 2 ケース)


アマゾンで899円の「M.2ヒートシンク合金アルミニウムNGFFヒートシンク」を買ってみた。


MacとNVMe M.2 SSDの相性問題(CrucialのP5をMacで使う場合は要注意)


デザイン事務所のMac環境でRAID機器は必要か。


OWC Envoy Express(Thunderbolt 3 NVME M.2 SSDケース)を使ってみた。