デザイン事務所の現場から少し変わった目線でApple関連の情報を発信。

MacとNVMe M.2 SSDの相性問題(USB3.1 gen 2 ケース)

USB 3.1SSDThunderbolt3

先日からいろいろと起こっているMacとSSDの相性問題ですが、今回はケーブルやらケースやらの相性のお話。
今日はたまたま知り合いのカメラマンさんが弊社にデータの受け渡しに来ていたので、コピーが終わった後に速度を測らせてもらいました。

測定をさせてもらったのはYottamasterのUSB 3.1 gen2(10Gbps)ケースにWD ブルーをインストールした組み合わせ。以前と比べてWD Blueも x4仕様になっているので価格も安いですし、上限に制限のあるThunderbolt向けに良いマッチングの製品なような気もします。

さて、そんな話はともかく。

Western Digital SSD 1TB WD Blue SN550 PC M.2-2280 NVMe WDS100T2B0C-EC 

使用していたのは上記の環境なのですが、なぜかUSB3.1 gen2なのに速度が500MB/sを超えていない。

ケーブルかなと思って手持ちのThunderbolt 3ケーブルで再測定するとちゃんと1,000MB/s程度速度が出るようになりました。

付属のケーブルの問題かと思い過去記事の「ORICO USB-C NVME M.2 SSDケース」に付属のケーブル(1,000MB/s動作を確認)を差し替えると同様に500MB/sどまり。

ORICOだと10Gbpsで動作するのに、、、。

Yottamasterのケースだと5Gbpsの速度しかでない、、、。

無理を言ってORICOのケースに「WDS100T2B0C-EC」を差し替えさせてもらい再度実験をしてみました。

ORICOのケースだとケーブルにかかわらず1,000MB/s近いスピードが出ます。
ということはWDのSSDの問題ではなく、ケースの問題であることがわかりました。
なんとなくYottamasterORICOって限りなくにた商品構成でなので兄弟会社かどちらかのOEMブランドなのかと勝手に思っていますが、発売時期が違うのでチップ等の違いなのかもしれませんね〜(もしかしたら製品のロットの問題かもしれません)。

でも、Thunderbolt 3ケーブルだと10Gbpsで作動するという謎(きっとこのあたりにこの問題の根源がある気がしていますが)。

まぁ、そういうこともあるのでいろいろと安めのMVMeケースの選択にも注意が必要ですね〜という情報でした。

※先にも書きましたが、この商品自体は問題なく、実験した機器固有の問題の可能性もあります。

記事検索

News

Final Cut Pro 10.6のアップデートが配布されています。


パブリックベータユーザー向けにmacOS Monterey 12.0.1、iOS 15.1、iPadOS 15.1、watchOS 8.1、tvOS 15.1を配布しています。


Denon(デノン)のAVアンプの入門機 AVR-X550BTがアマゾンで20,000円(24% OFF)で販売。


デノン、7.2chAVアンプの新モデル「AVR-X1700H」を11月下旬に発売予定。


iOS 15.1、watchOS 8.1、tvOS 15.1の Public Beta 4をパブリックベータ登録ユーザーに配布しています。


人気記事

Apple TV HDを車載して純正ナビに接続してみた。「Apple TV」はかなり使えるぞこりゃ。その2


Mac mini 2018のオプションの10Gb Ethernetはのどぐらいの速度(実速)?


OSX Catalina(10.15.4)で不要になったコンテナを削除する方法(BootCamp等)。


10G base-T Ethernetはどこまで使えるか


M1 MacとAVアンプを接続して空間オーディオを楽しむ「Macでサラウンド」


新着記事

Macでサラウンドを再生するその前に「Audio MIDI設定を変更する」が必要です。


新型MacBook Proの発表に関して思うこと(M1 Mac mini 8Gモデルをメインで使用した感想)。


Apple TV 4Kと5.1chアンプ(Dolby Atmosに対応していない)接続時の「空間オーディオ」の再生がうまくいかない問題とその回避方法。


「Macでサラウンド」MacとAVアンプを接続して「サラウンド」を体感しよう(基礎編)


Ankerの87Wモバイルバッテリー(Anker PowerCore III Elite 25600)は外出先でどのぐらいの時間使えるか実験。