デザイン事務所の現場目線でApple関連の情報を発信。

Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使える?互換性あるの?

Thunderbolt4Thunderbolt3

M1 PRO/MAX MacBook Proを購入された皆様!!

規格が変わったからThunderbolt 4にケーブル買い換えを考えていませんか?購入する前にThunderbolt 3のケーブルを持っているのであれば、まずはそれを使ってみてください。



Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使えるかどうか、手持ちのThunderbolt 3ケーブルでM1 Max MacBook ProからThunderbolt 4ハブへの接続して実験をしてみました。


Thunderbolt 4ハブに接続している機器は以下

  • 4Kモニター(BenQ デザイナーズ モニター ディスプレイ PD3200U )
  • WQHDモニター(BenQ PD2700Q ・「Echo Express SE III」からデイジーチェーン接続)
  • NVMe SSD(「Echo Express SE III」に内蔵)
  • USB3.0(「Echo Express SE III」内蔵のUSBボードからHDD、インクジェットプリンタ、モニターのUSBポート)
  • 10G Base-T(「Echo Express SE III」内蔵のボードからEthernet接続)

Thunderbolt 4ハブはAnker PowerExpand 5-in-1 Thunderbolt 4 Mini Dock、実験に使用したケーブルは以下です。

  • Cable Matters Thunderbolt 3 Active ケーブル(2m)40Gbps 発売停止(現行
  • Anker Thunderbolt 4 ケーブル(0.7m)
  • 多分Sonnetの純正Thunderbolt 3 Passive ケーブル 40Gbps

どのケーブルでも問題なくThunderbolt 4規格でしか利用できないハブ機能、2画面表示(4K + WQHD)が同時に活用できました。


ケーブルで速度に違いが無いか「Echo Express SE III」に内蔵しているMVMeのSSDで速度を比べてみました。

Thunderbolt4ケーブル使用
Thunderbolt3ケーブル使用

結果は全く変化がありませんでした。手待ちにある70cmのThunderbolt 3ケーブル、2mのThunderbolt 3ケーブル(Active)でも問題なくハブ機能が利用できています。また、通信速度に変化もありませんでした。


続いて、上記のNVMe SSDにコピーをしながら(負荷テスト)OWC ENVOY EXPRESS(Thunderbolt3 SSDケース)をハブに接続しての速度テストですが、こちらも結果は誤差の範囲で速度に変化はありませんでした。


このことから、Thunderbolt 3ケーブルはThunderbolt 4のケーブルの代わりとして問題なく使える事がわかりました。

Thunderbolt 3と4は上限(40Gbps)の転送速度に違いはありません。そういう意味においても本質的なケーブルの構造に関しては変化が無いのかもしれません。

Thunderbolt 4はUSB 4とThunderbolt 3の規格を両方使える上位互換という位置づけですので、もしかしたらUSB 4にはThunderbolt 3ケーブルは利用できない可能性はあります。

この実験の前には、Thunderbolt 4ケーブルと2mと1mを買おうかとポチる寸前までいってました。いやぁ、買わなくてよかった。

Thunderbolt 3をいままで利用していたユーザーは手持ちのケーブルをとりあえず使ってみて、何か不都合があるようであれば、Thunderbolt 4対応のケーブルを購入するというのがよいのかもしれません。


※私の使用しているケーブルの範囲内で結果です。全てのケーブルに関しての動作を保証する記事ではありません。


記事検索

人気記事

新型MacBook Pro(2021)のAppleからの配送がDHLに?クロネコじゃなくなった?いつ着くのか実況。


M1 Macを10ヶ月使ってみて思うこと。M1 Macは今買うべきかM2を待つべきか。


Apple MusicでHi-Res(ハイレゾ)音源をどのようにして見つけるか?また、Hi-Res(ハイレゾ)音源はデータ量が多いので注意が必要。


Thunderbolt 4機器にThunderbolt 3のケーブルは使える?互換性あるの?


M1 Macで光デジタル出力を利用してより便利なサラウンド環境を構築する。


News

macOS 13 Ventura Public Beta 8、iOS 16.1 Public Beta 4が配布されています。


FFmpegのARM(AppleSilicon)版の5.1.1(バイナリ)が配布開始されています。


Public Betaユーザー向けにiOS 15.6 Beta 4、watchOS 8.7 Beta4、iPadOS 15.6 Beta 4が配布されてています。


Anker Nano llシリーズ初の100W出力。 2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載したAnker 736 Chargerを発売。


macOS Monterey 12.5 Beta 4がPublic Betaユーザーに配布されています。最後のアップデートのひとつになるか?